大河主演の中村勘九郎&阿部サダヲ、不完全な主人公の魅力明かす

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
中村勘九郎が、日本人で初めてオリンピックに出場したマラソンランナー・金栗四三に - (C)NHK

 2019年のNHKの大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」で主役を務める歌舞伎俳優・中村勘九郎と俳優・阿部サダヲ。中村は、日本人で初めてオリンピックに出場したマラソンランナー・金栗四三(かなくり・しそう)、阿部はオリンピックを日本に呼んだ男・田畑政治(たばた・まさじ)を演じる。近年の大河ドラマでは珍しい二人主演となった中村と阿部が、金栗と田畑のどこか「不完全」なキャラクターの魅力について語り合った。

【写真】星野源、松坂桃李、松重豊ら「いだてん」新キャスト発表会見の模様

 本作は、日本が初めてオリンピックに参加した1912年の「ストックホルム大会」から、1964年の東京オリンピック開催までの半世紀を追う物語だ。前半は金栗がメインで物語が進み、中盤以降はバトンを田畑に渡すような形で、東京にオリンピックを招致する男たちの熱い思いが描かれる。

[PR]

 脚本家の宮藤官九郎は、金栗と田畑という人物について、歴史的な偉人よりも不完全な二人の男に魅力を感じたと語っているが、勘九郎も金栗に対して「決して偉人ではない」と同調。それでも「とても人間臭いと言いますか、とにかくマラソンのことしか考えていない。一途な人なんですよね」と愛情を込めて表現する。

オリンピックを日本に呼んだ田畑政治役の阿部サダヲ

 一方、阿部は田畑について「もともと記者をされていた方で頭の回転が早い。言葉で攻めてくるタイプ」と台本を読んで感じた印象を述べ、「でも常識的じゃないところもあって。誰にでも噛みついて周囲を混乱させる」と“不完全”なキャラクターであることを強調。金栗同様「まっすぐな人」と評している。

 金栗と田畑の共通点について、勘九郎、阿部ともに「行動力」と口を揃える。勘九郎は、「金栗さんは練習方法がめちゃくちゃなのですが『とにかくやってみる』という強い意志でオリンピック出場までこぎつけた」と感銘を受けたところを述べると、阿部も「田畑さんには『嘘でしょ』っていうぐらい行動力があった。お金がないのに後先考えず、行動してしまう。周りにいる人は大変なんですけれどね……」とその推進力に圧倒された様子。

[PR]

 勘九郎、阿部ともに大河ドラマの主演は初となるが、阿部は運命的な巡り合わせを感じているという。「僕が初めて大河ドラマに出演させていただいたのは、1話だけだったのですが『元禄繚乱』(1999年放送)という作品でした。そのときの主演が、勘九郎さんのお父様(18代目中村勘三郎)だったんです。そこからの縁で勘三郎さんが、うち(大人計画)の舞台を鑑賞してくださったり、宮藤さんが歌舞伎の脚本を書いたり。そして今回、主演をやらせていただく前半パートの主演が勘九郎さんなんですからね……すごいご縁を感じています」

 一方の勘九郎は「歴史ある大河の主役ということで、最初にお話をいただいたときは、うれしさより『大丈夫かな』という不安の方が大きかった」と心情を吐露。しかし、宮藤の脚本や金栗という人物のハートフルな人間性に触れ、楽しみの方が増してきたという。

 宮藤が脚本を務めるほか、映画『モテキ』などの大根仁監督が演出に参加したりと、これまでの大河ドラマとは異なる味わいも予感させる本作。勘九郎も「ものすごくいい意味で大河ドラマじゃないみたい」と撮影で感じた印象を述べると、阿部も「歴代大河の主演一覧を拝見したのですが、すごい方ばかりで重みがありますよね。でもこの大河ドラマでは宮藤さんの脚本を読んでいると、とても笑えるんです。日曜8時に『笑える大河』っていうのは珍しいと思いますし、それだけではないのですが、でも笑えるんです」と期待をあおった。(取材・文:磯部正和)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」は1月6日より放送(NHK総合20時~ほか)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]