「まんぷく」初回視聴率、前作超えの29.2%!安藤サクラの可愛さも話題に

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ヒロイン・福子を演じる安藤サクラ(写真は9月に撮影)

 安藤サクラがヒロインを務めるNHK連続テレビ小説「まんぷく」の初回(10月1日放送)の視聴率が発表され、総合視聴率が29.2%を記録したことが明らかになった。前作「半分、青い。」の26.3%を上回る数字となっている(関東、ビデオリサーチ視聴率調査による)。

お似合い!安藤サクラ&長谷川博己の夫婦役ツーショット

 10月1日から放送を開始した「まんぷく」は、戦前の大阪を舞台に、福子(安藤)と実業家の萬平(長谷川博己)の夫婦がインスタントラーメンを発明するまでを描く波乱万丈の物語。内田有紀松下奈緒要潤大谷亮平桐谷健太片岡愛之助松坂慶子ら豪華な面々が顔を揃えている。

[PR]

 その初回放送でのリアルタイム視聴率は23.8%を記録し、録画して7日間以内での視聴を指すタイムシフト視聴率は8.1%、そのいずれかで視聴を示す総合視聴率は29.2%という好発進となった。総合視聴率でみると、過去作の「ひよっこ」の24.7%、「わろてんか」の25.3%、「半分、青い。」の26.3%を大きく上回る数字となっている。

 安藤が貧しいながらも愛情をいっぱいに受けておおらかに育ったヒロイン・福子を演じている「まんぷく」。安藤が18歳の福子を演じたことでも話題となった第1週では、のちに福子の夫となり、20年後に世紀の大発明を共に成し遂げる運命の相手・萬平との出会いが描かれた。視聴者からは、安藤が演じるヒロインの可愛さや、長谷川ふんする萬平との組み合わせが絶妙だと絶賛する声など、多くの反響が寄せられており、2人の恋模様に熱い視線が注がれている様子だ。

 脚本を『HERO』シリーズやNHK大河ドラマ「龍馬伝」などの福田靖が手掛け、芦田愛菜が語りを担当している本作。物語の中盤(11月下旬)からは菅田将暉、ロックバンド MONKEY MAJIKメイナード・プラントブレイズ・プラント岡崎体育が出演することも発表されており、今後の展開に期待が高まる。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]