「ワールドトリガー」連載再開が決定! 5話掲載後にジャンプSQ.移籍

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ワートリ連載再開! 葦原大介による描き下ろしイラスト&コメント - (c)葦原大介/集英社

 2016年から休載していた葦原大介(あしはら だいすけ)の人気漫画「ワールドトリガー」が、10月29日発売の「週刊少年ジャンプ」48号で連載を再開することが発表された。また、5号連続で掲載された後、月刊誌「ジャンプSQ.」へ移籍することも明らかになった。

 「ワールドトリガー」は、異次元からの侵略者・近界民(ネイバー)の脅威にさらされている三門市を舞台に、近界民と戦う防衛組織・ボーダーに所属する中学生・三雲修が、謎の転校生・空閑遊真(くが ゆうま)や仲間たちと、壮大な戦いに挑むさまを描いたSFアクション。2013年よりジャンプ誌上で連載され、2014年にはテレビ朝日系列でテレビアニメ化されたが、葦原の体調不良を受けて2016年から長期休載していた。

 連載再開の決定を受けて、修と遊真のイラストを添えた葦原の直筆メッセージも公開。ファンや関係者への感謝と共に「けっこう前からじわじわと準備してたんですが、ようやく続きを読んでもらえることになりました」「体に気をつけつつ がんばります。よろしくお願いします」などとつづられている。

[PR]

 ジャンプ48号から52号(11月26日発売)まで5話を掲載した後、「ジャンプSQ.」へ2019年1月号(12月4日発売)をもって移籍。葦原の体調を考慮しての決定とみられる。1年9か月ぶりとなる最新コミックス19巻も12月4日に発売され、同日発売のSQ.には続きが掲載される。

 連載再開に先駆け、マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」では、「ワールドトリガー」(毎日2話ずつ)と葦原の初連載作「賢い犬リリエンタール」(全話)の無料公開を開始。アニメ関連の企画も復活し、グッズショップ「Limited Base」が11月2日~11月21日まで池袋PARCOとなんばマルイで開催されるほか、12月7日・8日には新宿バルト9にてアニメキャスト&スタッフトークショー付きのオールナイト上映イベントが開催される。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]