『猿の惑星』マット・リーヴス、音楽が題材の新作製作へ

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
主演を務めるヘイリー・スタインフェルド
主演を務めるヘイリー・スタインフェルド - Phillip Faraone / WireImage / Getty Images

 Netflixと、映画『猿の惑星』シリーズのマット・リーヴスの制作会社 6th & Idaho が、音楽をテーマにした新作『アイドル(原題) / Idol』の製作交渉に入り、主演に歌手で女優のヘイリー・スタインフェルドを据えたとDeadlineなどが報じた。

【写真】来春公開!ヘイリー主演の『トランスフォーマー』シリーズスピンオフ『バンブルビー』

 『プラダを着た悪魔』や『イヴの総て』を交錯させたポップミュージックの世界で、人気歌手のアシスタントになった少女が、その歌手のようになろうとする姿を描く物語になるようだ。交渉はほぼ決定のようで、正式に決まればパラマウント・ピクチャーズ、ユニバーサル・ピクチャーズを破って製作を勝ち取ることになる。

 主演は映画『スウィート17モンスター』『ピッチ・パーフェクト』シリーズのヘイリー。ヘイリーはレコードレーベル、リパブリック・レコーズの映画部門フェデラル・フィルムズから同作のサウンドトラックをリリースすることにもなった模様。劇中にヘイリーが歌っているシーンがかなりありそうだ。ヘイリーは主演だけでなく製作も担当する。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

[PR]

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]