ロッキーVS.ドラゴの対決は次世代へ!『クリード 炎の宿敵』予告編公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
世代を超えた戦いが幕を開ける! 『クリード 炎の宿敵』ポスタービジュアル - (C)2018 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC. AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

 シルヴェスター・スタローンの伝説的ボクシング映画『ロッキー』シリーズ新章の続編が『クリード 炎の宿敵』の邦題で、2019年1月11日に日本公開されることが決定し、世代を超えた、熱き因縁の対決を予感させる予告編とポスタービジュアルが公開された。

【動画】戦いは息子たちの世代に『クリード 炎の宿敵』予告編

 現役を退いたロッキーが、かつてのライバル・アポロの息子アドニスのトレーナーとして、再びボクシングの世界に身を投じるさまを描いた『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)の続編。シリーズ4作目『ロッキー4/炎の友情』(1985)でアポロを死に追いやった旧ソ連ボクサー、イワン・ドラゴの息子ヴィクターとアドニスの戦いが描かれる。

[PR]

 予告編が映し出すのは、『ロッキー4』でリングに沈んだアポロの姿。ロッキーへの怒りにかられたドラゴとヴィクターに挑戦状をたたきつけられ、自ら父の雪辱を晴らそうとするアドニスに、ロッキーは親友の姿を重ね、「お前には守るべきものがある」と制止する。しかし「俺だけじゃないあなたがいる」と語りかけるアドニス。パートナーであるビアンカとの新たな命を迎えた彼は、ロッキーとの過酷なトレーニングに挑む。

 息子たちが宿命の一戦に臨む場面では、それぞれ「クリード」「ドラゴ」の名前を背負って入場。ロッキーとドラゴも、リング上で積年の思いを抱えた表情で相対する。アドニスの「1ラウンドごとに実感するんだ。リングに立つ時“俺はひとりじゃない”」という言葉が、熱い父と息子のドラマを予感させる。

 ロッキー役のスタローン、アドニス役のマイケル・B・ジョーダンはもちろん、ドラゴ役でドルフ・ラングレンも続投。ドラゴの息子ヴィクターは、本物のルーマニア人ボクサー、フロリアン・ムンテアヌが演じており、前作でも話題を呼んだリアルでダイナミックなファイトシーンにも注目だ。前作のライアン・クーグラーに代わって、新鋭スティーヴン・ケープル・Jr監督がメガホンを取った。(編集部・入倉功一)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]