新井浩文×林遣都、復讐代行マンガ「善悪の屑」映画化で主演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
映画『善悪の屑』新井浩文、林遣都、馬場ふみか(上段)と演じるカモ、トラ、奈々子 - (C)2019日活

 俳優の新井浩文林遣都が、インターネット広告をきっかけに話題を呼んだ、漫画家・渡邊ダイスケの代表作を実写化する映画『善悪の屑』で主演を務めることが明らかになった。

 原作は、古書店を営む鴨ノ目武(カモ)と相方の島田虎信(トラ)が、犯罪被害者の依頼を受けて、復讐を請け負うさまを描いた作品。「ヤングキング」2014年10号から連載され、犯罪者たちに下す強烈な罰がネット広告を中心に拡大し、話題を呼んだ。2016年8号から第2部「外道の歌」として連載を続け、累計発行部数は350万部を突破している。

 反省のない犯罪者を裁く一方、残酷な拷問描写が問題視されたこともある本作。新井は「漫画を読んで思ったことは、これ実写化して大丈夫なんですかね。と素直に思いました」と正直なコメント。原作のカモは丸刈りにサングラスという風貌で「これから撮影に入りますが、原作の髪型に寄せるので、普段恥ずかしくないように、新しい帽子を買います」と明かしている。

[PR]

 また「おっさんずラブ」「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」など話題のドラマへの出演が続く林は「人間誰しもに潜む怪物を呼び覚ましてしまう、ある意味恐ろしい作品といった印象でした。これから撮影がはじまりますが映画だからこそできる、やるべき作品への出演に心が踊っております。悲しみを抱えながら正気と狂気の狭間を行き来し、その瞬間を存分に味わい尽くしたいと思っております」と意気込む。

 ヒロイン・奈々子を演じるのは、モグラ女優として大活躍する馬場ふみか。「今までにない残虐な、それでいて人間の愛を感じる新しい復讐劇になるはずです。復讐とは、善とは、悪とは何か? 誠心誠意向き合い、撮影に臨みたいと思います」と語っている。

 映画は12月よりクランクイン、2019年2月に完成を予定している。監督は『不能犯』『貞子vs伽椰子』などを手掛け、新作『地獄少女』も控える鬼才・白石晃士。衝撃的な内容に尻込みどころか「こんな仕事を待ってました。この映画、私がやらずに誰がやります? どう考えても、やるべくしてやることになった映画です」という白石監督は「原作の名に恥じぬよう、夢のようなキャストの皆さんとともに、思いきりブチかまします」としており、文字通り衝撃作の誕生を予感させる。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]