フリーザ声優・中尾隆聖、ちゃめっ気あふれる悪役の魅力

残虐非道だけど愛される、フリーザの魅力を語った中尾隆聖

 鳥山明原作の国民的アニメ「ドラゴンボール」のフリーザ役や「それいけ!アンパンマン」のばいきんまん役で知られる声優・中尾隆聖が、悪の魅力について語った。

『ドラゴンボール』レジェンド声優集結!武道館イベント

 「ドラゴンボール」の勢いは、アニメ誕生から30年以上経った現在も衰えることがなく、最新作『ドラゴンボール超(スーパー) ブロリー』(全国公開中)をもって劇場版も20本目となった。本作のフリーザについて中尾は「相変わらず悪いですよ。地獄から戻してもらってもいい子にはなりません。まだまだ悪いことをしそうな予感があります」と笑みを浮かべる。

[PR]

 「ドラゴンボール」の世界にフリーザという悪役が欠かせないことは、誰もが認めるところ。『DRAGON BALL Z 神と神』(2013)公開時は、回想シーンのみの登場だったにも関わらず、特報CMにも出演した。「セル役の若本規夫さんと2人で『お前は出てない』『お前だって声の出演はないぞ』なんて言い合いながら宣伝していたんですよ。あれは面白かったですね」

 それはやはり、フリーザがファンから愛されているからこそ。中尾は「もちろん鳥山先生の作ってきた世界観がとても素敵だったということもありますけど、観ている方たちが育ててくれたという気がしているんです。後々になってファンの方が“名言集”として、フリーザのセリフを面白がってくれた。わたし自身が収録していた時はそんなふうに考えていなかったんですけどね」と感謝する。

 残忍極まりないフリーザだが、その中に不思議なちゃめっ気を感じさせるところも。「わたし自身、悪役を演じるのは好きなんですけど、ただ悪いというだけでなく、その中に一抹のさみしさのようなものを出せるのが好きなんですよ。あとはちゃめっ気の部分ですよね。そういうことを融合させることで、キャラクターが膨らんでいくんです。フリーザや、ばいきんまんなんかは、まさにそういうことがうまく出てきたキャラクターになりました」

[PR]

 本作でも、意外な悩みを明かすコミカルな一面を見せるなど、愛されキャラとして認知されるようになったフリーザだが、少し油断すると痛い目を見る。そんな緊張感もフリーザの魅力のひとつである。悟空役の野沢雅子からは「スタジオではいつも『本当にあんた嫌ぁね』と言われていた」と明かす中尾だが、「でもそれは褒め言葉だと思っているので。ありがたいと思っています。残虐で非道なところと、両極端あるところがいいんじゃないですかね」と笑顔。それだけにテレビシリーズで描かれた悟空とフリーザの共闘は大きな反響を呼んだ。「ずっと敵対していた悟空と一緒にかめはめ波をやる時が来るなんて。マコさんとも二人で声を合わせて戦って。ものすごく感動しましたよね」

今作ではフリーザの意外な悩みが明らかに(C) バードスタジオ/集英社 (C) 「2018ドラゴンボール超」製作委員会

 本作では、シリーズ最強との呼び声も高い伝説のサイヤ人ブロリーが久々に復活。悟空、ベジータ、フリーザを巻き込んだバトルシーンは息もつかせないほどの迫力となっている。「マコ(野沢雅子)さんのパワーは本当にすごい」と収録を振り返った中尾は「キャスト陣もけっこう年齢が高くなってきていますが、マコさんがあれだけ頑張っているのに、われわれが声がでないとか、疲れたとか弱音は吐けないですよね」と語った。(取材・文:壬生智裕)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]