ウーマン村本、人間の全てを肯定する コメディライブで訴え

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
終わらせずに「考えてほしい」と語った村本大輔

 ウーマンラッシュアワー村本大輔が13日、都内にて「Listen to this~これは価値がある笑い」を開催。“怒りや経験を"ネタ"にして吐き出したい人たちのスタンドアップコメディライブ”とうたった同イベントには、村本が、独演会などを通じて出会った人々が集まり、それぞれの方法で、胸に抱える思いをエンターテインメントとして訴えた。

 この日の出演者は、見た目問題を抱える河除静香さん、脳性麻痺を抱える鈴本ちえさん、ふうかさん、小人症のちびもえこさん、プリティ太田さん、シリア人ジャーナリストのナジーブさん、トランスジェンダーの杉山文野さん、吃音症の本多駿さん、ダウン症候群の渡辺恵一さんと、ほとんどが芸人ではない。村本は「笑えなくてもいい。むかついたことや、自分の話をしゃべってもらうだけで結構です」とその趣旨を説明する。

 そのうえで村本は、彼らがマイノリティーと分類されることに疑問を呈する。「そもそも分けるのがおかしい。みんなも、どこかしらマイノリティーとされてる部分ってあるでしょう。僕だって社会的な漫才をやって、吉本のなかでいえばマイノリティー。みんなも立場が変われば、少数派になるんです。今日はみんな、笑わす気持ちと怒る気持ちできていますから。“かわいそう”みたいな気持ちは捨てて、楽しんで帰ってください。人間の全てを肯定しよう、人間の業を肯定しましょう。これがお笑いの基本ですから」

[PR]

この日のライブに登壇した方々 それぞれの思いをそれぞれの形で伝えた

 村本の言葉の通り、舞台では、漫談、フリートーク、芝居……それぞれが、さまざまな形で自身の思いや体験を、時には笑いに変えて会場を沸かせた。顔の血管の病気で鼻や口の形が大きく変わってしまった河除静香さんは、かつて「お前に基本的人権はない」と言われた友人に、成人式で謝罪された経験を基にしたひとり芝居で「見た目問題」の存在を観客に訴える。

 シリア人ジャーナリストのナジーブ氏は、下ネタも交えた笑いで客席を笑いに包んだかと思えば、一転。シリア問題を涙ながらに訴える。「シリア問題にも詳しくなってほしい。空爆で小さい子供の体がバラバラになっています。シリア政権は、ヒトラーみたいな存在なんです。皆さんが(ニュース映像などで)見る空爆の光景、せめて誰がやっているのか。みんなマスコミもIS、ISって言います。でも、とても簡単な話ですよ。テロ組織はいるけども空軍はもってない。あの光景は、全て政府が壊しました。シリアの話、難しいですか? 時間がないですか?」

[PR]

 脳性麻痺を抱えるふうかさん。彼女は、誰かを介さずに一人でステージ立つことに対して向けられた拍手に「当たり前のこと。一人でしゃべれますから」とこともなげに語ると、障害を持つから“こうしてあげよう”“こうでなくてはならない”という扱いへの疑問を呈しながら、客席を笑いに包んだ。

 トランスジェンダー問題を語る杉山氏は、かつて、自身のブログ記事をきっかけに村本から“攻撃”された一人だが、それをきっかけに村本と対話を重ね、この日の舞台に上がった。都内で飲食店を経営するなど、多方面で活躍する杉山氏の講演慣れしたトークに、観客も脅威深く耳を傾ける。

 時に怒りをぶちまける出演者の姿に、誰もがマイノリティーであり、簡単に分類できる存在ではないのだと訴える村本の姿が重なるようだ。ウーマンラッシュアワーは、今年のTHE MANZAIでも時事ネタを披露し大きな話題を呼んだ。村本のもとには、漫才でふれた、学費無償化を訴え寒空の下でビラ配りをする朝鮮学校の生徒や、沖縄の人々から、感謝のメッセージが数多く寄せられたという。「でも、漫才でそのことに触れたのって、たった一文字くらいのものなんです。たった一文字触れられるだけで、喜ぶ、涙を流してありがとうと言ってくれる人たちがいる。僕たちは……僕たちって言い方もひっかかりますけど、いかに彼らを無視してきたのか」

[PR]

 最後に村本は、観客にこう訴えた「僕は、自分も誰かに受け入れられているということを忘れずにいきたい。漫才では最後に笑いにしました。でも笑いというのは緊張からの解放であり、考えることを終わらせる。漫才が終わった後に、感動しました! だけでは、その話題を終わらせてしまっていることになると思うんです。今日、皆さんのなかに、モヤモヤしたものが残ったでしょう。笑いも感動したという感情もなしで、いったん、考えて、そこから自分のなかでいろんな答えが出てくると思う。しばらくは抱えながら、日常をすごしてもらいたいなと思います」

 この日のイベント冒頭では、渋滞に巻き込まれた村本の到着が遅れ、脳科学者の茂木健一郎氏が、まさかの前説を務める一幕も。「村本さんのお笑いを応援しています。イギリスではある時期から、コメディアンがロックスターみたいになったことがある。それまでのコメディアンとは全く違う人たちが出てきたんです。僕はそろそろ日本でも、そういう人が出てきそうだなって予感がしている。村本さんがひょっとしてそうなるのでは」と語った茂木氏の言葉が現実になる日は近いのか。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]