『トイ・ストーリー4』唐沢寿明&所ジョージが声優を続投!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ティザーポスターも公開! - (C) 2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

 ディズニー/ピクサー人気シリーズの最新作『トイ・ストーリー4』(来年7月12日公開)の日本語吹き替え版で、シリーズで声優を務める唐沢寿明所ジョージが続投することが決定した。

【動画】やっぱりこの声!『トイ・ストーリー4』日本版特報

 ウッディの声を演じる唐沢は「この作品を好きで居てくれる人が本当にたくさんいて、顔も似てきてるっていう人もたまにいる。今でも子供たちに“ウッディ”ってよく呼ばれるくらい(笑)」と明かし、「『トイ・ストーリー』はシンプルでいて、でも決して子供向けということだけでなく、大人を納得させてしっかり感動できる作品」とあらためてその魅力を語る。

[PR]

 最新作については「(新しい物語は)全く想像がつかないけど、本当に世界中で愛されていて、楽しみにして下さっている方がたくさんいるので、その期待を裏切らないように、繊細にやらなければいけないと感じています」と意気込んだ。

 バズ・ライトイヤー役の所も「バズ・ライトイヤーは僕にとって相棒みたいな存在。20年以上声をやらせてもらって、こんなに嬉しいことはないですよね。最初の『トイ・ストーリー』(1995)を観た小学生がもう30歳、40歳になっているわけで、その人たちが自分の子どもたちに『トイ・ストーリー』を観せて……と、バズ・ライトイヤーは未来永劫続きます!」とコメント。「本当にあらゆる世代から待ち望んでもらえる作品で、自分自身も楽しみで仕方ないし、ぜひ期待してもらいたいです!」と呼び掛けた。

 さらに、三つ編みのカウガール人形ジェシー役の日下由美、じゃがいものおもちゃミスター・ポテトヘッド役の辻萬長、ミセス・ポテトヘッド役の松金よね子、ティラノサウルスのおもちゃレックス役の三ツ矢雄二が前作に引き続き声優を続投。また、ブタの貯金箱ハム役を咲野俊介、ダックスフントの形をしたおもちゃスリンキー役を辻親八が新たに務める。

[PR]

 おもちゃたちの世界を舞台に、ウッディやバズ・ライトイヤーといったおもちゃたちの大冒険や人間との絆を描き、世界中の感動を呼んだ同シリーズ。前作『トイ・ストーリー3』(2010)では、大学生になったアンディ(おもちゃたちの持ち主)とウッディたちの別れが描かれた。

 今作の物語については、新キャラクター“フォーキー”が登場すること以外、明かされていないが、これまでのシリーズに携わってきたアンドリュー・スタントン(『ファインディング・ドリー』監督)、ピート・ドクター(『インサイド・ヘッド』監督)、リー・アンクリッチ(『トイ・ストーリー3』『リメンバー・ミー』監督)らピクサーのレジェンドたちがアイデアを持ち込んだといい、『インサイド・ヘッド』の脚本を手掛けたジョシュ・クーリーがメガホンを取る。(編集部・中山雄一朗)

映画『トイ・ストーリー4』は2019年7月12日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]