シネマトゥデイ

シネマトゥデイ
リメンバー・ミー
(C) 2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved. (C) 2018 Disney. All Rights Reserved.
英題:
COCO
製作年:
2017年
製作国:
アメリカ
日本公開:
2018年3月16日
上映時間:
配給:
ウォルト・ディズニー・ジャパン
カラー/シネマスコープ/5.1ch / 7.1ch

見どころ:1年に1度だけ他界した家族と再会できるとされる祝祭をテーマにした、ディズニー/ピクサーによる長編アニメ。死者の国に足を踏み入れた少年が、笑いと感動の冒険を繰り広げる。監督と製作には、『トイ・ストーリー3』のリー・アンクリッチ監督と、製作を担当したダーラ・K・アンダーソンが再び集結。テーマパークのような死者の国の描写、祖先や家族を尊ぶ物語に引き込まれる。

あらすじ:過去の出来事が原因で、家族ともども音楽を禁止されている少年ミゲル。ある日、先祖が家族に会いにくるという死者の日に開催される音楽コンテストに出ることを決める。伝説的ミュージシャンであるデラクルスの霊廟に飾られたギターを手にして出場するが、それを弾いた瞬間にミゲルは死者の国に迷い込んでしまう。元の世界に戻れずに困っていると、ヘクターという謎めいたガイコツが現れ……。

リメンバー・ミー
(C) 2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved. (C) 2018 Disney. All Rights Reserved.

映画短評

  • なかざわひでゆき
    ローカルな死生観に多様性の時代も感じさせる
    ★★★★
    »読む«閉じる

     メキシコの「死者の日」は以前から知っていたが、なるほど、日本の「お盆」とよく似ている。カトリックの万霊節と古代宗教が融合した風習とのことで、確かに異教的な土着性を見出すことが出来る。いかにも南米らしいカラフルな色彩に溢れた映像も美しい。
     家族から音楽を禁じられた少年が、「死者の日」の夜に死者の国へ迷い込み、そこで家族の秘められたルーツを知る。死後の世界が現世と隣り合わせに存在する、亡き人々を思い出すことで彼らの魂もまたそこで生き続けるという考え方にも、東洋的な宗教観と相通ずるものがあると言えよう。こういう死生観がディズニー映画で描かれることに、文化や価値観の多様化した今の時代を強く感じる。

  • 清水 節
    連綿と続く家族の絆が生きる力の源だとエモーショナルに謳う名作
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     死後の世界をモチーフとしたピクサーの意欲作は、マリーゴールドを基調に色鮮やかな祝祭空間と耳に残るラテン音楽で目と耳を楽しませ、王道のプロット運びで感情を揺さぶる。ここでは、人は2度死ぬ。誰にも思い出されなくなったときこそ、真の消滅が訪れるという世界観が切なくも現実的。アイロニカルな人生の真実を知り、信賞必罰を描く展開も豊か。人生の入口に立つ少年と、生の痕跡を伝えたいと願う出口を経た先達のコントラスト。自我とは何か。なぜ生きるのか。悩める若者は、御先祖様に背中をそっと押され、自らの道を確信して前へ進む。連綿と続く家族の絆こそ生きる力の源泉だとエモーショナルに謳い上げる名作だ。

  • くれい響
    ディズニー/ピクサーの大霊界
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    『アナ雪』チームが手掛けた主題歌は間違いなく、死者の国のダイナミックな色彩感もさすがの一言。そして、なによりラテン文化に対するリスペクトに胸アツ。メキシコでの記録的ヒットを飛ばしたのも納得だが、中盤に判明する真実など、ストーリー展開が読めてしまうあたりは、かなり惜しいところ。さらに、最終的に“音楽の力によって、家族の絆が強まりましたとさ”という流れも、いささか強引に見えてしまうなど、とにかく脚本の弱さが目立つ。それにしても、このノー天気キャラにして、ハットが特徴的なルックス。なぜ、主人公の相棒・ヘクター役の吹き替えに、ナオト・インティライミが起用されなかったのか、疑問が残るばかりだ。

  • 平沢 薫
    現世と地続きの死者の国がしっくりくる
    ★★★★★
    »読む«閉じる

     死者の国が、生者の国と同じように明るく、より派手。死者の性格は生前と変わらなず、彼らは里帰りもする。そんな感覚が、お盆にナスやキュウリで精霊馬を作って祖先をお迎えする日本人にはしっくりくる。
     メキシコの人々が、祖先の霊を偲ぶ祝祭"死者の日"を、派手な装飾と骸骨を飾って音楽を演奏して明るく楽しく祝う、その伝統的な死生観をカラフルな色と音楽で映像化。色彩は、実際に祝祭で使われるマリーゴールドの花びらの鮮やかなオレンジ色と、夜空の紺青色の対比が基調になっている。その夜空を、動物のような姿をした精霊たちが全身を輝かせながら舞うが、そこに美しい精霊だけでなく、キュートな精霊もいるのがいい。

  • 斉藤 博昭
    オレンジ色に陶酔し、涙腺決壊のラストへ
    ★★★★★
    »読む«閉じる

    ここ数年のディズニー/ピクサー作品はシリーズものが目立っていただけに、今作のオリジナリティにまっすぐに感動する。人間の日常を超えた世界という、ピクサーの精神が満点なうえに、知らず知らず観客の心を捉えてしまうマジックは、もはや伝統芸の域か。予想していたように物語が進むのに、気がついたら涙腺が決壊……という化学反応に身を任せてしまった。
    ストーリーや演出に、やや甘さを感じる人もいるかもしれない。しかしこの作品が評価されるべき点は、ライティングの超絶技巧だろう。現実世界でのロウソクの光から、死者の国へ向かう橋に舞う花びらまで、オレンジ色の光の魔力的な美しさが黄泉の世界に誘われる快感を導く。

  • 猿渡 由紀
    しっかり泣かせてくれる、メキシコへのラブレター
    ★★★★
    »読む«閉じる

     自分には夢があるのに家族に反対されて、というのは、よくある設定。だが、そこに死後の世界や祖先の秘密などの要素が混じってきて、ストーリーは思いもかけなかった方向に展開。原題(『Coco』)の意味も次第に明らかになり、最後はしっかりと泣かせてくれる。メキシコらしくいつも以上にカラフルなビジュアルと、音楽も大きな魅力。音楽は、もっとたくさん入れてほしかったと思うほど。英語版の声のキャストはガエル・ガルシア・ベルナルやベンジャミン・ブラットなど全員メキシコ人かラティーノ系だ。偶然のタイミングとはいえ、トランプが差別的発言をする今、彼らへのラブレターのような映画がついに登場したことを祝福したい。

予告編・動画

映画『リメンバー・ミー』日本版予告編
映画『リメンバー・ミー』特報映像
渡辺直美がフリーダ・カーロ役!『リメンバー・ミー』本編映像
第90回アカデミー賞歌曲賞受賞!映画『リメンバー・ミー』本編シーン

» 『リメンバー・ミー』の予告編・動画一覧

写真ギャラリー

  • 写真001
  • 写真002
  • 写真003
  • 写真004
  • 写真005

(C) 2018 Disney / Pixar. All Rights Reserved. (C) 2018 Disney. All Rights Reserved.

ポスター/チラシ

  • 映画『リメンバー・ミー』ポスター
    ポスター

キャスト

(声の出演)
エルネスト・デラクルス:
ミゲル:
へクター:
イメルダ:
ママ・ココ:
男性マリアッチ(ミュージシャン):
「死者の国」の旅行者(男性):
ロス・チャチャラコス(女性):
死者の国の住人:コーンを持った男:
女性マリアッチ(ミュージシャン):
パパ・フリオ:
フアン・ハノキョーセー:
事務官:
お母さん:
「死者の国」の旅行者(女性):
ロス・チャチャラコス(男性):
修道女:
フリーダ・カーロ:
ブログン投稿ブログに投稿
  • FC2ブログに投稿!
  • ココログに投稿!
  • gooブログに投稿!
  • so-netブログに投稿!
  • exciteブログに投稿!
  • Bloggerに投稿!

『リメンバー・ミー』の映画ニュース

楽天市場

ブログなどをご利用の方は以下のURLをトラックバックURLとして指定してください。

  • 「映画ドラえもん のび太の宝島」と「リメンバー・ミー」 from エンターテイメント日誌 (2018年4月4日 16時11分)
    「映画ドラえもん のび太の宝島」評価:B 6歳の息子と鑑賞。すこぶる愉しかった ...[外部サイトの続きを読む]
  • リメンバー・ミー 評価と感想/ご先祖様を敬い、家族大事に、一日一善! from eigamanzaiの映画レビュー (2018年3月31日 21時57分)
    目次 なんか土曜ワイド劇場みたいな話だなと ☆3点予告編映画データあらすじネタバレ感想鑑賞データ なんか土曜ワイド劇場みたいな話だなと ☆3点 メキシコの死者の日をモチーフにした第19作目のピクサーアニメで2018年第90回アカデミー長編アニメ映画賞受賞作品。 監督はリー・アンクリッチとエイドリアン・モリーナ。同時上映に短編映画『アナと雪の女王/家族の思い出』 予告編 映画データ (シネマトゥデイ) リメンバー・ミー映画『リメンバー・ミー』の作品情報:1年に1度だけ他界した家族と再会できるとされる祝&#82 ...[外部サイトの続きを読む]
  • 「リメンバー・ミー」:ガイコツが、みんな違って みんないい from 大江戸時夫の東京温度 (2018年3月24日 22時45分)
    映画『リメンバー・ミー』(字幕版)は、ディズニー/ピクサーの良質な新作。アニメー ...[外部サイトの続きを読む]
  • 【ネタバレ】「リメンバー・ミー」@よみうりホール from 新・辛口映画館 (2018年3月2日 19時30分)
    「モーニング」さんからのご招待。客入りは1階席多分満席、2階席9割位。CGアニメ作品なので、小さなお子さんから年配の方まで幅広い客層だ。日本語吹き替え版が上映された。「アナ雪」の短編は上映無し。 ...[外部サイトの続きを読む]
  • リメンバー・ミー・・・・・評価額1750円 from ノラネコの呑んで観るシネマ (2018年1月7日 21時56分)
    家族は、永遠にひとつ。 ピクサー・アニメーション・スタジオの最新作は、メキシコの重要な祝日である”死者の日(Día de Los Muertos)"をモチーフにした、ファミリーファンタジー。 音楽に憧れる靴屋のせがれが、ひょんなことから死者の国へソウルスリップ、家族の歴史にまつわる秘密を解き明かし、何世代にも渡る誤解を解くべく冒険を繰り広げる。 脚本はエイドリアン・モリーナとマシュ... ...[外部サイトの続きを読む]
[PR]
おすすめ特集
映画アクセスランキング
  • Loading...
»もっとランキングを見る«
楽天市場
スポンサード リンク
  1. 映画
  2. 2018年3月12日の週の公開作品
  3. 『リメンバー・ミー』