米ドラマ「24」日本でリメイク 日本初の女性総理が誕生するまで

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア
オリジナル版「24 TWENTY FOUR」より - (C) 2001-2002 Fox and its related entities. All rights reserved.

 大ヒット米ドラマ「24 TWENTY FOUR」をリメイクする連続ドラマ「24 Japan」(トゥエンティフォージャパン)が2020年度、テレビ朝日系で放送されることが8日、同局より発表された。オリジナル版は、キーファー・サザーランド演じるアメリカ連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアーがテロ事件と戦う24時間の出来事を1話1時間、全24話の構成で描くもので、日本版では主人公の過去の任務を海外での邦人人質救出と、テロ用の化学兵器工場爆破に変更。そのほか、ストーリーの設定は日本の制度や文化に基づいてアレンジするという。

【写真】ジャック・バウアーなしの「24」

 テレビ朝日が開局60周年記念番組として、「24 TWENTY FOUR」を放送した20世紀FOXと組み、制作する本作。24時間の出来事をリアルタイムで体感するかのようなフォーマットはそのままに、オリジナル版の放送が始まった2001年から様変わりした、2020年の最新テクノロジーと世界情勢を反映しながらリメイクに臨む。

[PR]

 オリジナル版のシーズン1では、のちにオバマ大統領の就任で現実となった「米国史上初のアフリカ系アメリカ人大統領誕生」までの24時間が描かれたが、日本版では日本初の女性総理大臣が誕生するまでを追う。

 オリジナル版は、シーズン8まで制作されたのち、12話構成の「24 TWENTY FOUR リブ・アナザー・デイ」やスピンオフ「24:レガシー」も放送された。(編集部・石井百合子)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google +1
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]