キスマイ北山、猫スーツ姿生披露に悲鳴にも似た歓声!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
インパクト大! - 猫スーツ姿生披露した北山宏光

 Kis-My-Ft2北山宏光が26日、竹芝ニューピアホールで行われた映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』完成披露試写会に出席し、大勢のファンの前で猫スーツ姿を生披露した。共演の多部未華子平澤宏々路飯豊まりえ要潤筧昌也監督も出席した。

【画像】女性アイドルのように可愛くマイクを持つキ北山

 板羽皆の人気コミックを実写化した本作は、交通事故で急死した漫画家(北山)が、猫の姿で現世に戻り、妻(多部)と娘(平澤)のために人生をやり直そうとするさまを描く感動作。ポスターや場面写真などで披露された北山の猫スーツ姿が大きな反響を呼んだが、この日はいよいよファンの前で生披露。猫スーツ姿の北山が姿を見せると、会場には悲鳴にも似た歓声が鳴り響いた。

[PR]

 猫スーツ姿の北山は「皆さんはスーツですけど、僕は猫スーツ。猫界では正装ですからね」とあいさつ。手には大きな肉球がついているため、まるで女性アイドルのように両手で挟み込むようにマイクを持つ北山の姿に、会場からは「かわいい!」という声も飛び交った。

 一方、北山演じる猫トラさんの良き理解者である、お嬢様猫ホワイテストを演じるのは飯豊。北山と同じく猫スーツ姿になるというまさかのオファーに「猫ですか! と衝撃を受けました」と振り返った飯豊は、「実は16年間、猫を飼っていたんですが、その猫がこの作品の前に亡くなってしまったんです。そうしたら、この作品の話が来たんです。しかも、その飼っていた猫もホワイテストに似ている真っ白な猫でした。縁を感じました。この作品に関われたのも猫の恩返しなのかなと思って」とコメント。

 また、猫の役づくりについて「猫になったことはないですし、どうやったらいいんだろうと思っていましたけど、現場に行ったら北山さんがすでに猫になっていた」と笑う飯豊に対し、北山も「最初に猫になっていたのは自分だけだったんですよ。だから(飯豊が来て)初めて友だちができた感じがして。お互い猫スーツの苦労が共感できたので、早めに打ち解けられたような感じがします」と笑顔を見せた。

[PR]

 しかし猫スーツはかなり暑いそうで、「俺だけ異様に汗をかいている」と苦笑いの北山は、「極端なんですよね。(※肌を露出している腕の部分を指し)ここだけ寒いし。部屋にいると暑いけど、外だと寒かったりして。体温調節が難しかったですね」と苦労を吐露。

 そんな中、飯豊が「実はわたし、見ちゃったんです。その時は(北山から)言わないでと言われていたんですけど、ここで言っちゃおうと思って」と切り出すと、「メイクをしていたら、(北山が)後ろでモソモソしているのを感じて。なんだろうと思って後ろを見たら、(猫ポーズをしながら)鏡に向かって猫の練習をしていたんですよ」と暴露。それには北山も「恥ずかしいって。まあいいですけど」と照れ笑いすることしきりだったが、そんなやりとりに会場は大いに沸いた。(取材・文:壬生智裕)

映画『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]