横浜流星、主演映画『愛唄』公開に感無量!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
幸せに思います - 横浜流星

 俳優の横浜流星が26日、新宿バルト9で行われた映画『愛唄 -約束のナクヒト-』公開記念舞台あいさつに出席し、人との“縁”によって繋がった本作で得たことを熱く語った。舞台あいさつには、清原果耶飯島寛騎川村泰祐監督、主題歌を担当した No title (あんべ、ほのか、ポチ)も登壇した。

【フォトギャラリー】『愛唄 -約束のナクヒト-』公開記念舞台あいさつの様子

 本作は『キセキ -あの日のソビト-』のチームが再結集し、GReeeeNの名曲「愛唄」を映画化した青春ドラマ。余命宣告された青年トオル(横浜)が、道端で拾った一冊の詩集の作者・伊藤凪(清原)との出会いによって、生きることに前向きになる姿を描く。

[PR]

 横浜は昨日、無事に映画の初日を迎えられたことに「ホッとしています」と笑顔を見せると、満員の客席を見渡し「こんなにもたくさんの方々に作品を観ていただけたことを幸せに思います」と感無量な表情を浮かべた。
 
 さらに横浜は、GReeeeNの楽曲「キセキ」の誕生秘話を映画化した『キセキ -あの日のソビト-』に出演したことが、本作への出演につながったという“縁”に感謝を述べると、作品名にちなんで「自分が愛するもの」というテーマのトークでは「GReeeeNさんです」と回答。客席からは大きな拍手が湧き起こった。

 横浜演じるトオルは、余命を宣告されるというシビアな役柄だったが「限られた時間を懸命に生きる主人公の姿を見て、一度しかない人生を後悔しないように生きようと思ってもらえたらうれしい」と作品に込めたメッセージを伝えると、横浜自身も「親への感謝の気持ちや、人生を大切に過ごそうと強く実感しました」と多くのことを得られたと明かしていた。

 またこの日は、No title が主題歌「約束 × No title」を生披露。伸びやかな歌声が会場内に響き渡ると、横浜は「最初に聴いたとき、トオル目線で感情移入できた曲。とても心が動かされた曲をすてきに演奏してくださってありがとうございました」と感謝を述べていた。(磯部正和)

映画『愛唄 -約束のナクヒト-』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]