及川光博、香川照之の表情筋に衝撃「アワビの地獄焼き」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から及川光博、野村萬斎、香川照之、片岡愛之助

 俳優の及川光博が1日、都内で行われた映画『七つの会議』(上映中)公開初日舞台あいさつに登壇し、香川照之の“顔芝居”を「アワビの地獄焼き」と絶賛した。この日は主演の野村萬斎、共演の片岡愛之助朝倉あき吉田羊北大路欣也福澤克雄監督も来場した。

【動画】『七つの会議』予告編

 池井戸作品の見どころといえば、役者たちの熱い演技。中でもドアップで映し出される顔芝居や長ぜりふ、怒りの演技は池井戸作品の特徴で、同作でも冒頭の営業会議シーンなどで顕著に見られる。

[PR]

 社内の権力者である営業部長・北川誠役の香川は、「萬斎さん(演じる八角)はただ寝てるだけだから、誰がエンジンを回すんだという話で、僕がやるしかなかった」と声を張ると、「試合は、1ラウンドは様子を見るパターンもあるけど、これは1ラウンドから8割のスタミナを使って、どれだけ早く、熱く(せりふを)言うかにかけていました」と撮影を振り返る。

 そんな香川に対して、野村は「人のせりふを食いまくってしゃべるな」と思っていたことを明かすと、及川も「本当にね。せっかく覚えてきたせりふを……」と同調。しかし、香川が「せりふは半分以上潰さなければいけない」と池井戸作品常連らしく語ると、及川は「それが良かった。エンジンかけていただきました。1ラウンドでノックアウトされました」とその手腕を称えた。

 さらに及川は、自身演じる万年二番手の原島万二役について、「誰かを怒鳴りつけたり、プレッシャーをかけたりするキャラじゃない」と説明しつつ、「皆さんの迫力ある演技、そして表情筋。鉄板焼きのアワビのような、よく動く筋肉だなというのを目の当たりにできて楽しかったです」とコメント。とりわけ、香川の演技に感激したようで、香川が「アワビ俳優」と自称すると、「アワビの地獄焼き」と表して会場の笑いをさらっていた。

 本作は、「半沢直樹」「下町ロケット」などで知られる人気作家・池井戸潤の同名小説を映画化。ぐうたら社員の八角民夫(野村)が上司のパワハラを告発したことをきっかけに、そこに隠されたある謎が会社や従業員たちを揺るがしていく。(取材:錦怜那)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]