星野真里、中村倫也の元妻役で「初めて恋をした日に読む話」に出演!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
星野真里 - (C) TBS

 深田恭子主演のドラマ「初めて恋をした日に読む話」(TBS系、毎週火曜よる10時~)に、第7話から星野真里が出演することが決定した。(一部ネタバレあり)

【写真】かわいすぎる!中村倫也の女装姿

 本作は、持田あきの同名コミックを原作に、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子の春見順子と3人の男性による恋模様を描く同ドラマ。予備校講師・順子を深田、中学生時代から順子に思いを寄せるいとこ・八雲雅志を永山絢斗、順子の教え子・由利匡平を横浜流星、順子と高校の同級生・山下一真を中村倫也が演じている。

[PR]

 26日放送の第7話から登場する星野は、山下の元妻・優華役を務める。物語の後半に向けて重要な役となる優華を演じる星野は「中村倫也さん演じる山下一真の妻・優華役で出演させていただきます! 『はじこい』の世界に優華として参加できることがとてもうれしいです!」とコメントしている。

「初めて恋をした日に読む話」より - (C) TBS

 第7話で順子は、匡平を東大に合格させるために東大受験専門塾「花恵会」に通わせることに。「花恵会」には、人気と実力を兼ね備えた講師・百田朋奈(高梨臨)がおり、初めは順子以外から勉強を教わることを嫌がった匡平だったが、百田の授業を受けて腕は確かだと認める。一方で順子は、自分から匡平に「花恵会」を薦めたものの、学歴、実績、若さ、お金と自分にはないものを全て持っている百田と比べ落ち込む。そんななか、順子に告白した山下の前に元妻である優華が訪ねてくる。(編集部・梅山富美子)

火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」第7話は2月26日よる10時~11時7分に放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]