『アクアマン』動員100万人突破!2019年公開の洋画で最速

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
モモアマン! - (C) 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved “TM & (C) DC Comics”

 公開中の映画『アクアマン』が、2019年に公開された洋画の中で、最速で観客動員数100万人を突破した(以下、1ドル110円換算・数字はすべて配給調べ)。

肉体美&映像美に驚き!映画『アクアマン』予告【動画】

 本作は、ジェイソン・モモア演じるDCコミックスの人気キャラクターであるアクアマンの活躍を描く。メガホンを取ったのは、『ワイルド・スピード SKY MISSION』で知られるジェームズ・ワン監督。共演には、アンバー・ハードウィレム・デフォーニコール・キッドマンが名を連ねる。

[PR]

 公開初週の全国映画動員ランキングで2位を記録していた同作は公開から26日間で100万6,385人を動員し、興行収入は14億7,715万9,600円と、15億円突破が目前に迫っている(数字はいずれも3月5日時点のもの)。ヒットを支える口コミの核となっているのは、海中での迫力あるバトルアクションや映像の美しさで、SNSなどでもクオリティーの高さに反響が多数寄せられている。

 さらに、海外の興行収入(米国以外)では8億590万ドル(3月4日時点・886億4,900万円)という数字をたたき出した。これはアメコミを基にした単独ヒーローが主人公の実写映画として、これまで1位だった『アイアンマン3』(2013)の8億579万7,258ドルの記録を更新したことになる。今後、どこまで記録が伸びるのか期待が高まるところだ。(編集部・梅山富美子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]