川島海荷、新感覚ドラマで「葛藤」や「迷い」の見せ方を意識

本ドラマならではの役づくりがあったという川島海荷
本ドラマならではの役づくりがあったという川島海荷 - (C)エイベックス通信放送

 映像配信サービスdTVで8日に配信が始まったドラマ「FHIT MUSIC♪ ~倉木麻衣~」に出演している川島海荷桜田通がインタビューに応じ、ドラマの見どころや役づくりで気をつけたことなどを語った。

【動画】ドラマ「FHIT MUSIC♪ ~倉木麻衣~」予告編

 倉木麻衣のデビュー20周年を記念した本ドラマは、倉木の楽曲がモチーフとなり、倉木が歌唱しているパートとドラマのパートの2つで構成されているという作品。さらに、ストーリーの展開を視聴者が選ぶという「ストーリー選択型」形式が採用されており、新感覚のドラマに仕上がっている。

[PR]

 川島、桜田らが演じる大学の仲良し4人組が、恋愛、友情など人生における様々な出来事を経ていく様子が映し出されるのだが、視聴者が選んだ物語によってドラマの結果は変わったものとなる。桜田は「一度見たとしても、次はまた違う選択をすれば別の結果のストーリーを楽しむこともできますし、何度でも楽しむこともできます」と自信を見せ、川島は「今回のドラマは“新しいドラマの形”だなと感じました。普段ミュージックビデオの中に物語が含まれている作品が好きでよく見ているのですが、それらをさらにパワーアップさせたイメージです」と続けた。

FHIT MUSIC
桜田通 -(C)エイベックス通信放送

 視聴者を「迷わせる」本ドラマならではの役づくりもあったそうで、川島は「ご覧になっている方は(川島演じる主人公の)凪子として選択することになります。だから『葛藤』や『迷い』を意識して見せるようにしていました」と紹介。

FHIT MUSIC
視聴者によって結果が変わる! -(C)エイベックス通信放送

 「通常のドラマでは展開は一つで結末も決まっていて、そこに向けた『迷い』はありますが、今回はどちらが選ばれてもおかしくない『迷い』なので、どちらにも寄せすぎずに迷う……という空気を作るように意識をしました。あと、その悩みや葛藤の中にも、曖昧さに加えて『優柔不断さ』も見せることでより凪子らしさも見せられるようにもしました」と語った。(編集部・海江田宗)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]