横浜流星、壁ドン生披露!ファン悶絶の大サービス

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ひゃー!

 人気俳優の横浜流星が21日、都内で行われた映画『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』公開初日舞台あいさつに登壇。“壁ドン”を生披露し、ファンを悶絶させた。この日は、上白石萌音杉野遥亮川村泰祐監督も来場した。

ヤバすぎ!横浜流星が超接近!【写真】

 渡辺あゆの人気少女コミックを実写映画化した本作は、原作の「玲苑編」をもとに、同居を始めた恋人同士の葵(上白石)と柊聖(杉野)、そして二人のもとに突然やってきた柊聖のいとこ・玲苑(横浜)による三角関係を描くラブストーリー。

[PR]

 横浜は「原作の実写化はすごくプレッシャーや責任感があるけど、それを感じさせないくらい皆さん優しく接してくれました」と撮影を回顧し、「1年前に赤髪にして全力で頑張っていたので、その作品が公開を迎えてほっとしていますし、幸せです」と感慨をにじませた。主演の上白石は、「お二人(杉野、横浜)が私の顔を見ているだけでごめんなさいなんです。いったい何人がこの役をやりたいだろうと思うと申し訳ない。でも、ありがとうございますと思いながらやっていました」と撮影を振り返った。

 この日は「リアル胸キュン体験プレゼント」が実施され、横浜は女性ファンに生壁ドン。緊張のあまり後ずさりする女性に、横浜は「さがらないで」と引き寄せ、耳元で「好きだよ」と甘いささやき。会場には悲鳴が飛び交った。さらに横浜はSっ気をのぞかせ、「もう一回やってあげようか?」と迫るが、女性は耐えられずに拒否。それでも「大丈夫、大丈夫」と抱き寄せようとするなどサービス精神を見せつけた。

 杉野はバックハグをしながら愛の言葉をささやくも、思い切り噛んでしまうという可愛い失敗。上白石は客席にサイン入りボールを投げ入れるが、迷投ぶりがすさまじく、豪速球は2列目の観客に命中。その後も、前方に投げたつもりが上方に飛んでいくなど“運痴”を発揮して、会場を爆笑の渦に包んでいた。(取材:錦怜那)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]