菅田将暉『シャザム!』吹替版で主演!演出・福田雄一監督が太鼓判

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
イベントにビデオメッセージで登場した菅田将暉

 俳優の菅田将暉が、映画『シャザム!』の日本語吹替版で主役を務めることが、26日、新宿バルト9にて行われた同作の“爆笑”緊急会見風イベントで明らかになった。この日は、日本語吹替の監修・演出を務める福田雄一監督と「なにかのチョイ役」で吹替キャストに名を連ねる佐藤二朗が登壇した。

『シャザム!』イベントに福田雄一監督&佐藤二朗が登場!

 謎の魔術師に才能を見出され、「見た目はオトナ・中身はコドモ」のヒーロー・シャザムに変身するパワーを授かった少年ビリーの活躍する姿を描く本作。菅田は、主人公ビリーが変身したシャザムの声を担当する。この日のイベントには、仕事のため出席することができなかったが、会場にビデオメッセージを寄せた。
 
 福田監督からのオファー、しかも短いスパンでの仕事ということで、最初は「深夜の連ドラのワンシーン(の出演)かな」と思ったという菅田。しかし実際には、DCコミック原作の超大作と知り「なんかドでかい仕事来たな」と驚きのコメント。そんな菅田の起用理由について福田監督は「試写を観終わったあと、大人なのに中身が子供、落ち着きのない部分が菅田くんにピッタリと直感的に思った」と明かし「スケジュールがめちゃくちゃタイトだったので受けてくれないかと思ったのですが、やってくれたんです」と感謝の笑顔を見せる。
 
 また菅田は、福田監督がパロディではなくマジのヒーローものやるということに「胸が踊った」というと「自分もヒーローの声ができるんだと思うとすごく高揚した」と胸の内を告白。さらに、実際のアフレコを振り返ると「やっぱりヒーローって気持ちいいですね。映像の規模もそうですが、手からビームが出たり、ワクワクしながらやっていました」と少年のような目で語っていた。

[PR]

 完成した吹替版に「僕の思っていた通り」と菅田の演技に太鼓判を押した福田監督。一方の佐藤は、自身の役柄について「まだ言えないんです」と口ごもるが、福田監督がさかんに「チョイ役、チョイ役」と連呼すると、「だって収録時間7分ですからね! そりゃチョイ役ですよ」と口をとがらせる。そのほかの吹替キャストはまだ明かされていないが、福田監督は「僕はやりたいと思っていた豪華声優陣が集まってくれました」と自信をのぞかせ、「とにかく泣いて笑える映画。友情とか家族愛とかいろいろな要素がうまいこと入ったヒーローものなんです」と熱弁していた。(磯部正和)

映画『シャザム!』は4月19日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]