木崎文智監督×冲方丁脚本『HUMAN LOST 人間失格』全世界公開 声優に宮野真守

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
『HUMAN LOST 人間失格』ティザービジュアル - (C)2019 HUMAN LOST Project

 太宰治の小説「人間失格」に基づくアニメーション映画の企画内容が、22日、アメリカ・シカゴで開催されたポップカルチャーイベント「CHICAGO COMIC & ENTERTAINMENT EXPO(C2E2)」で発表。本作が『HUMAN LOST 人間失格』のタイトルで2019年に全世界で公開されることが決定した。併せてティザーPVやビジュアルなどが公開となった。

【動画】『HUMAN LOST 人間失格』ティザーPV

 物語の舞台は、医療革命により病にかからず傷の手当ても不要となり120歳の寿命が約束された昭和111年の東京。無病長寿の影響から、経済格差、退廃的倫理観、重度の環境汚染、そして異形化などさまざまな問題が勃発し、日本は文明の再生と崩壊、二つの可能性の間で揺れ動いているという設定。そんななか、薬物に溺れ、怠惰な暮らしを送っていた大庭葉藏(おおば・ようぞう)が、暴走集団とともに行動する謎の男・堀木正雄とともに、特権階級の住む環状7号線内(インサイド)への突貫に参加し、激しい闘争に巻き込まれていく。

[PR]

舞台は人々が無病長寿となった昭和111年の東京

 ティザーPVでは、「恥の多い生涯を送って来ました」の名言でおなじみの「人間失格」が大胆にアレンジされた世界観の一端が見られる。ストーリー原案・脚本は、「マルドゥック・スクランブル」「十二人の死にたい子どもたち」などの作家・冲方丁。監督は、テレビシリーズ「バジリスク ~甲賀忍法帖~」(2005)や映画『AFRO SAMURAI アフロサムライ』などの木崎文智。「PSYCHO-PASS サイコパス」シリーズの総監督を務めた本広克行がスーパーバイザーとして参加するほか、アニメーション制作を「スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ」や「シドニアの騎士」、アニメーション映画『GODZILLA』三部作、『BLAME!』などのポリゴン・ピクチュアズが担当する。

キャラクターデザインはコザキユースケ

 なお、主人公・大庭葉藏の声優に、映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(公開中)のピーター・パーカー/スパイダーマンの日本語吹き替えも話題の宮野真守が決定。宮野のコメントは以下の通り。(編集部・石井百合子)

[PR]

<宮野真守コメント>大庭葉藏役
誰もが知る、太宰治の傑作「人間失格」を原案とした、日本発のダークヒーローが誕生しました! 本作は、最新の映像技術を駆使した痛快なアクションの中に、日本人だからこその精神性、わびさびのある世界観が展開される、まさに日本人にしか作れないエンターテイメント作品です。世の中に翻弄され、「生」と「死」のなんたるかを突きつけられ、苦しみながら、それでも進んでいく葉藏の姿から、皆様にも是非、「生きる」とはどういう事か、感じていただきたいです。

映画『HUMAN LOST 人間失格』は2019年全世界公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]