島崎遥香、ホテルで恐怖体験

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
幽霊の存在は「信じる」という島崎遥香

 島崎遥香が5日、東京23区を舞台にしたWOWOWのホラーオムニバスドラマ「東京二十三区女」(4月12日スタート、毎週金曜深夜0時~)のトークイベントに登壇。共演の岡山天音、原作・脚本・監督を務めた長江俊和とともに、ドラマのストーリーにちなんで自らの恐怖体験などを明かした。

【動画】トークイベントの様子

 本ドラマは映画化もされたドラマ「放送禁止」シリーズや映画『パラノーマル・アクティビティ 第2章/TOKYO NIGHT』などのホラーの名手で作家の長江俊和が、自身の小説「東京二十三区女」をドラマ化。東京に実在する恐怖スポットに足を踏み入れる女性たちのドラマを一話一区形式、全6話で描くもので、倉科カナ安達祐実桜庭ななみ壇蜜中山美穂、島崎遥香らが各話の主演を務める。島崎は、全ての回に登場するフリーライター・璃々子に、岡山は璃々子と共に東京23区を巡る民俗学講師・島野仁を演じる。

[PR]

トークイベントの様子。右は岡山天音

 イベントではドラマの設定にちなんで、3人が恐怖体験を明かしたが、島崎、岡山、長江監督共に、霊感はほとんどないとのこと。しかし、島崎は一度だけ、それらしい体験をしたことがあるといい、「違う仕事の時ですけど、ロケ先で泊まったホテルで、夜、上の階の人の足音がうるさくて……。うるさいなって思いつつ、ちゃっかり寝てしまったんですけど、次の日マネージャーさんにそのことを話したら『え、待って』って。『遥香ちゃんの部屋は最上階だよ』って言われて、その時はぞっとしました……」と戦慄のエピソードを披露。

 霊感はないものの幽霊の存在は信じているという島崎は、「日本って昔からお祓いとかあって、それが代々続いているので、やっぱりいるんだろうと思います」とコメント。岡山も「別のホラー作品の撮影中、僕の(演じるキャラクターの)死ぬシーンを撮っていたら、携帯に母から連絡が来ていたんです。『何?』って聞いたら、その撮影中に僕から着信があったって言うんです」と不思議な体験を紹介し、会場をざわつかせた。

[PR]

 また、幽霊の存在については岡山も「僕は幽霊は信じています。周りから話を聞くし、いろんなロケ地を回るので、やっぱりいるんじゃないかなって思うんです」と島崎と同意見。「しかも、よく(霊が)ついているって言われるんです。自覚は全然ないんですけど、お祓いしてもらったりしたんですけど、そうすると、やっぱり運気があがる。やっぱりいるのかなって」と神妙な面持ちだった。

 一方、監督は「幽霊は見たことないけどUFOは見たことある」と告白。「メキシコなんですけど、そこでたまたまUFOの取材をしていて、ここでUFOを見たという人についていったら、銀色の丸い球が飛んでいて僕もちゃんと見ました」と打ち明けると、島崎はなぜかツボにはまったようで大うけ。「(今日のトークで)初めて盛り上がりましたね」と、監督を照れさせていた。(取材・文:名鹿祥史)

「東京二十三区女」はWOWOWプライムにて4月12日より毎週金曜深夜0時~放送(全6話・第1話無料放送)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]