『スター・ウォーズ』エピソード9に新ドロイドD-O登場!BB-8の友達

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ステージに登場したD-O(ディー・オー) - Daniel Boczarski / Getty Images for Disney

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのエピソード9にあたる最新作『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』(原題)に、新たなドロイドD-O(ディー・オー)が登場することが、現地時間12日、アメリカ・シカゴで開催中の公式ファンイベント「スター・ウォーズ セレブレーション・シカゴ2019」内で明らかになった。

【画像】『スター・ウォーズ』エピソード9撮影終了時の様子

 二つのボールがくっついたようなデザインのBB-8と違って、ディー・オーは車輪にドライアーを合体させたようなデザイン。どんな役割を果たすのかは謎だが、エイブラムス監督によると「BB-8の新しい友達」とのこと。この日は実際にD-Oがパネル会場に登場してファンにあいさつ。ユーモアあふれる動作でファンを魅了していた。

[PR]

 そのほか本作には、チューバッカが連れてくるKlawdや、ナメクジのような見た目のSnapなど、新たなクリーチャーも登場するという。そのなかでもD-Oは、この日公開されたティザー予告編でレイたちと行動を共にしており、シリーズの新しいマスコットキャラクターとして人気を集めそうだ。(編集部・入倉功一)

映画『スター・ウォーズ/ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』(原題)は12月20日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]