「子連れ狼」「修羅雪姫」小池一夫さん肺炎のため死去

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ご冥福をお祈りいたします

 「子連れ狼」などで知られる劇画原作者の小池一夫さんが17日に肺炎のため亡くなった。19日に本人のTwitterを通じて発表されたもので、82歳だった。

 Twitterでは「かねてより入院療養中であった小池一夫は肺炎により4月17日永眠いたしました」と発表。故人の遺志により、葬儀は親族のみで執り行われたといい「皆様には大変お世話になり、ありがとうございました」とつづられている。

 小池さんは、1936年生まれの秋田県出身。漫画家さいとう・たかをさんのプロダクションの門をたたき、「ゴルゴ13」などに携わった。1970年発表の「子連れ狼」(画・小島剛夕)以来、「修羅雪姫」(画・上村一夫)、「弐十手物語」(画・神江里見)、「クライングフリーマン」(画・池上遼一)、「I・餓男」(画・池上遼一)など多数の作品を発表。

[PR]

 妻を亡くした剣の達人・拝一刀と息子・大五郎の過酷な旅路を描く「子連れ狼」は海外でもファンが多く、クエンティン・タランティーノなど各国のトップクリエイターにも影響を与えた。若山富三郎さん主演の映画版も、現在にいたるまで熱烈な支持を受けているほか「修羅雪姫」「クライングフリーマン」など多数の作品が映画化されている。

 後進の育成にも力を注ぎ、1977年より「小池一夫劇画村塾」を開設。高橋留美子さん、山本直樹さん、原哲夫さん、堀井雄二さん、田中圭一さんなど、数多くのクリエイターを輩出した。アニメ「マジンガーZ」、特撮「科学戦隊ダイナマン」といった作品のテーマ曲で作詞も担当。また2010年からスタートしたTwitterでの発言は、たびたび「名言」として話題に。最後の投稿となった17日のツイートは、11日に亡くなった「ルパン三世」の生み親、モンキー・パンチさんを偲ぶものだった。(西村重人)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]