高杉真宙、宮沢氷魚の愛の告白!?に照れ笑い

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から宮沢氷魚、森川葵、高杉真宙

 俳優の高杉真宙が22日、都内で行われた『映画 賭ケグルイ』大ヒット御礼舞台あいさつに森川葵宮沢氷魚と共に出席し、初共演となった宮沢から「大好き」と告白された高杉は照れ笑いを浮かべていた。

【写真】さわやかすぎる高杉真宙&宮沢氷魚!舞台あいさつの様子

 本作は、ギャンブルの強さが学園のヒエラルキーとなっている私立百花王学園を舞台に、謎の転校生・蛇喰夢子(浜辺美波)が、学園を支配する生徒会に勝負を挑む姿を描いたドラマの劇場版。宮沢は映画からの参戦となったが、高杉は「会う前は、背も高くてクールで格好いい人だと思っていたら、お会いすると可愛らしい一面もあり、一緒にいて和む方でした」と印象を述べる。

[PR]

 そんな高杉の発言に宮沢は「真宙くん大好き」と突然の告白。続けて「連絡先を交換したいんです」とラブコールを送ると、高杉も「ぜひ!」と二つ返事。会場からは悲鳴に近い歓声が上がった。宮沢は高杉に対して「過去の作品などを観ていて、怖い人かと思っていたのですが、現場では本当に優しくて……こんないい人、なかなかいないです」と熱い視線を送っていた。

 高杉と宮沢に挟まれるように立っていた森川は、甘い二人のやりとりに「わたし、ここにいないほうがいいですかね?」と後ろに下がろうとするも、宮沢の意見に同調するように「本当にこんないい人いませんよ」と高杉を褒めていた。

 また上映後ということでネタバレトークも全開。なかでも盛り上がったのはドラマ版からキレキレの演技を見せていた木渡潤役の矢本悠馬の話題になり、森川は「とてもすてきな役者なのですが、なにをするか予測がつかない。宮沢さんにはうちの矢本がご迷惑をおかけしました」とシリアスな場面でやりたい放題して宮沢を苦しめたことを詫びると、宮沢も「笑ってはいけない場面で、めちゃくちゃやられて……先輩なのでなにも言えなかったのですが、すごく大変でした」と苦笑いを浮かべていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]