篠原涼子、ざわちんのそっくりメイクにびっくり!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
篠原涼子のモノマネメイクをしたざわちんと、それに驚く篠原涼子

 女優の篠原涼子が28日、都内で行われた主演映画『今日も嫌がらせ弁当』(6月28日公開)完成披露舞台あいさつに出席。途中、演出の一環で篠原と同じ群馬出身のタレント・ざわちんが篠原のモノマネメイクを施してサプライズ登場。あまりのそっくりぶりに、篠原も「似てる!」と驚きの表情を見せた。

【写真】佐藤隆太&佐藤寛太、ダブル佐藤で盛り上がる

 反抗期を迎えた高校生の娘に、卒業まで弁当を作り続けた母親のブログを元にしたエッセイを映画化した本作。壇上には母親役の篠原、反抗期の娘役の芳根京子、長女役の松井玲奈ら持丸家を演じた面々のほか、佐藤寛太村上知子森三中)、佐藤隆太塚本連平監督が出席。サプライズゲストとしてざわちん、お笑いタレントのダンディ坂野も駆け付けた。

[PR]

弁当箱の中からサプライズ登場したダンディ坂野とざわちん

 劇中、母から娘へのメッセージがこめられたさまざまなキャラ弁が登場するが、これにちなんだ仕掛けとして「映画完成弁当」が壇上に登場。劇中のキャラ弁当のデザインにも登場したダンディ坂野が「リアルゲッツ弁当」から現れポーズを決めると、続いてざわちんが「篠原涼子弁当」から登場。篠原そっくりのメイクを披露し、会場はそのメイクの激似ぶりにどよめいた。

 篠原も思わずざわちんに駆け寄り、「似てる! どうやったんですか」と口に手を当てて驚きの表情。芳根も「すごいですね。本当に、眉毛とか似ている」とあっけに取られたような表情。ざわちんは「(目に対して)自然な平行線を描くよう意識した薄めの眉毛と、ネコ目なので目頭から目じりにかけて引くアイラインがポイントです」と説明。メイクには「だいたい一時間くらいかかりました」といい、「似せられないかと思って一度お断りしたんですけど、(同じ群馬の)篠原さんに運命を感じていたので、挑戦させてもらいました」とプロモーションに関わった理由を明かした。

[PR]

 劇中登場するユニークなキャラ弁の中で、篠原はとりわけ「貞子弁当」が印象的だったと言い、お弁当の写真がスクリーンに映し出されると「(ウインナーで作られたグロテスクな)指とかすごくないですか」とあらためてそのアイデア、クオリティーに感激。一方、芳根は「『皿は片せや』と書かれた弁当」がすごく好きだったそうで、「混ぜてあるしゃけのおにぎりやハンバーグが入っていて、わたしの好きなものばかり。パーフェクトでした。撮影後はお願いして撮影現場の学校の片隅で食べていました。作品の中でもこれがポイントとして出てくるので、ぜひ注目してみてください」と客席に呼び掛けていた。(取材・文:名鹿祥史)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]