『キングスマン』新作のタイトル発表!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
キングスマンの起源を描く! - Twentieth Century Fox Film Corporation / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『キングスマン』シリーズの新作のタイトルが『ザ・キングズ・マン(原題) / The King’s Man』に決定した。同作はこれまで『キングスマン:ザ・グレイト・ゲーム(原題) / Kingsman: The Great Game』と呼ばれてきたが、正式タイトルが公式Twitterでタイトルロゴと併せて発表された。

【動画】エプロン姿のハリーがテーブルマナー指導!『キングスマン2』泣ける本編映像

 『キングスマン』(2014)そして『キングスマン:ゴールデン・サークル』(2017)に登場したスパイ組織「キングスマン」が、いかにして生まれたのかを描く、前日譚にあたる本作。米ディズニーとフォックスはあらすじも発表した。「史上最悪の暴君や犯罪首謀者たちが何百万人もの人々を一掃するために戦争を企てており、一人の男はそれらを阻止するため一刻を争わなくてはいけない」というのが基本のストーリーとなり、第1次世界大戦にかけてのスパイの闘いが描かれるようだ。2020年2月14日のバレンタインに全米公開予定。

[PR]

『ザ・キングズ・マン(原題)』のタイトルロゴ - 画像は公式Twitterのスクリーンショット

 監督はもちろんマシュー・ヴォーンで、脚本も共同執筆。『キック・アス』のアーロン・テイラー=ジョンソン、『007/慰めの報酬』のジェマ・アータートン、『イングリッシュ・ペイシェント』のレイフ・ファインズ、『ノッティングヒルの恋人』のリス・エヴァンス、『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』のマシュー・グード、テレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のチャールズ・ダンス、『スポットライト 世紀のスクープ』のスタンリー・トゥッチ、『ラッシュ/プライドと友情』のダニエル・ブリュール、『ボヘミアン・ラプソディ』のトム・ホランダーらそうそうたる面々が出演し、「TRUST」の若手俳優ハリス・ディキンソン演じるキャラクターの目を通して物語が進行するものとみられている。

 ヴォーン監督はこの前日譚のみならず、コリン・ファース演じるハリー&タロン・エガートン演じるエグジーの関係を描く3部作の完結編(『キングスマン:ゴールデン・サークル』の続編)も計画していると明かしている。(編集部・市川遥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]