賀来賢人『ライオン・キング』シンバの吹き替え声優に!江口洋介、佐藤二朗ら豪華キャスト発表

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
左から順に、門山葉子、江口洋介、賀来賢人、佐藤二朗、亜生(ミキ)

 8日、映画『ライオン・キング』プレミア吹替版声優発表イベントが品川インターシティホールで行われ、賀来賢人(シンバ役)、江口洋介(スカー役)、佐藤二朗(プンバァ)、お笑いコンビ・ミキ亜生(ティモン役)、門山葉子(ナラ役)が吹き替え声優として参加していることが明らかになった。

【動画】もふもふだ~映画『ライオン・キング』日本版本予告

 ディズニーの名作アニメーションを最先端のCG技術を用いて“超実写化”した本作は、動物の王国の王子として生まれたライオン・シンバの成長を活写する。イベントは、プレミアム吹替版の劇中歌「サークル・オブ・ライフ」を担当する菅井美和による歌唱で幕開け。ゴスペルコーラスと共に歌唱する菅井の声が荘厳な雰囲気をかもし出す中、吹き替えキャストが次々と登場。豪華なキャスト陣を目の当たりにした客席からは、「おぉ!」といった歓声が沸き起こった。

[PR]

 主人公シンバ役に抜てきされた賀来は、「壮大な登場で非常に興奮しております」と晴れやかな表情。小さい頃から『ライオン・キング』が大好きだったといい、オーディションでこの役を獲得したという。「オーディションを受ける前、僕の年下の友人が劇団四季でヤングシンバをやっていて、最終公演を観に行ったことがあって。打ち上げに参加したことがあるんです」と明かした賀来は「そこで『愛を感じて』とかを歌わせてもらって、勝手に縁を感じていました。自分にも小さい子がいて、シンバ役はやりたいなと思っていたので、全身全霊でやらせてもらいました」と感想を述べた。

 シンバの叔父で、王の座を狙う悪役スカーの声を担当する江口は、「まさにキング・オブ・エンターテインメント。セリフを入れるところの映像を観させていただきましたが、リアルなライオンに声を入れるのはなんと難しいのかと思いました。スケールが大きくて、家族とも友だちとも、いろんな方と楽しめる『ライオン・キング』集大成となる作品になっています」と自信をのぞかせる。

 イボイノシシ・プンバァ役の佐藤は、「(『インサイド・ヘッド』に続き)ディズニーの吹き替えをやるのは2回目。僕には7歳の息子がいるのですが、前回は彼が3歳の時に一緒に映画館に行くことができた。僕は役者としては子供の教育に良くない役が多かったので、これは息子と映画館に行けるなと思いました。これは好感度上がりましたね。拍手はいらないよ」と茶目っ気たっぷりにコメント。

[PR]

 またプンバァの相棒であるミーアキャット・ティモン役の亜生は「タクシーの中でマネジャーが『亜生さん、ティモンの声優が決まりました。プンバァは佐藤二朗さんです』と言って、お兄ちゃん(兄で相方の昴生)は『なんでや!』と言っていました」と暴露。「お兄ちゃんも頑張ってこいと送り出してくれました。4月から東京に出てきたんですけど、大阪だったら『ライオン・キング』はなかったかもしれない。東京ありがとう!」と続け、会場を沸かせた。(取材・文:壬生智裕)

映画『ライオン・キング』は8月9日より全国公開

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]