『ワイルド・スピード』第9弾、スタントマン事故で撮影中断

画像は映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』(第6弾)より
画像は映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』(第6弾)より - Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズ第9弾の撮影現場で事故が起き、撮影が一時中断となった。米ユニバーサルの広報が発表した。

【動画】第8弾『ワイルド・スピード ICE BREAK』本編映像

 事故は現地時間22日、イギリスのリーブスデン・スタジオで発生。The Sun などによると、スタントマンの一人がパフォーマンス中に転倒(転落)して深刻なケガを負い、救急ヘリと警察が呼ばれたという。イングランド東部・救急サービス機関の広報は、救急ヘリと救急車が呼ばれたことを認め、頭部に深刻なケガを負った患者をヘリで病院に搬送したとコメントしている。ケガをしたスタントマンの現在の状況については明らかになっていない。

 『ワイルド・スピード』シリーズ第9弾には、ヴィン・ディーゼルミシェル・ロドリゲスジョーダナ・ブリュースタータイリース・ギブソンリュダクリスナタリー・エマニュエルジョン・シナシャーリーズ・セロンヘレン・ミレンら豪華キャストが出演。現在のところ、2020年5月22日の全米公開を予定している。(編集部・市川遥)

[PR]

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]