劇場版『ヒロアカ』新作、最凶の敵“ナイン”に立ち向かう!特報映像が公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
最凶の敵“ナイン”とは…? - (C) 2019「僕のヒーローアカデミア THE MOVIE」製作委員会 (C) 堀越耕平/集英社

 人気コミック「僕のヒーローアカデミア」を原作とする劇場版アニメ最新作『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』(12月20日公開)から、最凶の敵“ナイン”が登場する特報映像が公開された。

【動画】『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング』特報映像

 週刊少年ジャンプで連載中の堀越耕平による「僕のヒーローアカデミア」は、世界総人口の8割が超能力“個性”を持つ世界で、“無個性”で生まれた主人公・緑谷出久(通称:デク)が、ヒーロー輩出の名門校・雄英高校でヒーローを目指していくさまを描く。アニメ劇場版の新作となる本作は、校外ヒーロー活動のために訪れた離島・那歩島(なぶじま)を舞台に、デクら1年A組のメンバーが力を合わせて最凶の敵“ナイン”に立ち向かう。

[PR]

 公開された映像では、最凶の敵“ナイン”の不気味な姿を見ることができる。「ここにいるのは僕たちだけ」というデクのセリフと共に1年A組の面々が次々と映し出され、デクと爆豪がボロボロになりながらも必死な形相を浮かべている様子なども切り取られている。

 「僕のヒーローアカデミア」は、コミックシリーズ累計発行部数2,300万部を超え、これまでにテレビアニメが3期まで放送される大人気作で、10月からは4期の放送が控える。2018年夏に初のアニメ劇場版となる『僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ~2人の英雄(ヒーロー)~』が公開され、観客動員数139万人、興行収入17.2億円を記録した。(編集部・梅山富美子)

あらすじ

雪が降り続く冬のある夜。ヒーロー社会を壊そうと目論む死柄木弔が率いる敵(ヴィラン)連合とその動きを事前にキャッチしたヒーローたちの戦闘が繰り広げられるなか、人知れず静かにうごめく“何か”が目覚め、その場を去って行った。ちょうどそのころ、出久たち雄英高校ヒーロー科1年A組の面々は、引退したNo.1ヒーロー・オールマイトの後を継ぐ「次世代のヒーロー育成プロジェクト」の一環として、クラス全員で期間限定の校外ヒーロー活動のために日本のはるか南に位置する離島・那歩島(なぶじま)を訪れていた。ここしばらく大きな事件が全く起きていない平和な島で、出久たちは駐在ヒーローとして島の人々の生活を助け、忙しく、それでいてのんびりとした時間を過ごしていた。
しかし、その静寂を切り裂くように、突如ヴィランたちが那歩島に襲来、次々と島の施設を破壊していく。それを指揮するのは、“ナイン”。あの夜、目覚めた“何か”そのものであった。出久や爆豪ら1年A組のメンバーは力を合わせてヴィランに立ち向かう。

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]