キンプリ永瀬廉、ドラマ初主演 空オタクのCA訓練生に

今秋放送のカンテレ・フジテレビ系スペシャルドラマでCA役に臨む永瀬廉
今秋放送のカンテレ・フジテレビ系スペシャルドラマでCA役に臨む永瀬廉

 アイドルグループ King & Prince永瀬廉が、カンテレ・フジテレビ系で今秋放送のスペシャルドラマ「FLY! BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました」でテレビドラマ初主演を務めることが2日、明らかになった(※放送日未定)。永瀬が演じるのは、航空会社のキャビンアテンダント(以下、CA)を目指し、女性が多数を占める職場で切磋琢磨する訓練生。初のドラマ主演に「映画で主演をやらせて頂いて、『演じたい』と感じたことがきっかけで、どんどんお芝居の仕事をしたいなと思っていたので、このタイミングでドラマの話を伺いまして、すごく嬉しいです。主演という状況を飲み込むのには時間がかかりそうで緊張もしていますが、お芝居ができる環境をいただいたので、今はメラメラと燃えています」と意気込みを語っている。

【写真】永瀬廉の初主演映画

 永瀬演じる朝川千空(あさかわ・ちから)は、空港そばの叔母の家で育ったことから、空港内の構造と飛行機に詳しい“空オタク”な青年。幼い頃、両親と搭乗した飛行機で怖い思いをした際に勇気づけられた女性CAへの恋心から、CAの世界に興味を持つようになった。自身の名前に「空」の字が入っていることや「Chikara Asakawa」のイニシャルから、CAは天職であると信じて疑わない楽天家である一方、努力家である彼の熱意が周囲に影響を与えていく。

[PR]

 今年5月公開の初主演映画『うちの執事が言うことには』では頭脳明晰な御曹司に、4月クールのドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)ではクラスのリーダー格の高校生にふんし、注目を浴びた永瀬。本作での千空役に「僕も“千空君”のように前しか向いていないです(笑)。“千空君”は、キャラクターでちょっと抜けていたりするじゃないですか? 僕もたまにファンの方に言われたりするので、ちょっと抜けている部分は自分と役柄が重なります。ただ、正直“千空君”ほどまっすぐな自信はまだ無いですね(笑)」とコメント。

 プロデューサーの萩原崇は、千空役を永瀬にオファーした理由を「永瀬廉さんの、真摯にエンターテインメントに取り組み姿勢や、ドラマや映画の中で見せる誰をも惹きつける笑顔や泣き顔を見ていて、ぜひ、このドラマの、ちょっと抜けているけどまっすぐで一生懸命、そしてみんなを元気づけていく主人公を演じていただきたいと思いました」と述べている。

 なお、本作は航空会社「ジェットスター・ジャパン」が全面協力のもと制作。脚本は、ドラマ「S -最後の警官-」(2014・TBS系)、「イノセンス 冤罪弁護士」(2019・日本テレビ系)などの古家和尚。演出を、ドラマ「僕たちがやりました」(2017・関西テレビ/フジテレビ)、映画『四月は君の嘘』(2016)などの新城毅彦が務める。(編集部・石井百合子)

スペシャルドラマ「FLY! BOYS,FLY! 僕たち、CAはじめました」は今秋、火曜よる9時放送 (カンテレ・フジテレビ系全国ネット)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]