岡村明美、20年間「変わらずナミでいよう!」麦わらの一味は財産

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ナミが自分と一体化してしまっていると感じることも多いという岡村明美

 テレビアニメ放送20周年を記念して公開される『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』。麦わらの一味が誇る天才航海士、“泥棒猫”ナミの声を担当している声優の岡村明美がナミや“麦わらの一味”、そして今作について語った。

ルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップ、サンジのインタビュー【動画】

 岡村が声を務めるナミは、お宝をこよなく愛する才色兼備の美女としてファンも多い、アニメの初期から登場する人気キャラクターだ。「あっという間の20年でした。いまでもオーディションを受けたときのことが昨日のことのように思い出されます」と岡村は懐かしそう語る。

[PR]

 記念すべき20周年を迎え、『劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』』ではいままでの劇場版とはやや違った顔も見せるという。「まあ、相手が強すぎてわたしの出番がないというのが本音ですけれどね(笑)」とはにかむ。

 岡村は長い年月に渡りナミを演じているが「客観的に見れば変わっていないわけはないのですが、自分の意識のなかでは特になにも変わっていないんですよね」と語る。唯一、変化を意識したのがシャボンディ諸島に再集合したとき。「あそこは一応、時間的に2年が経過しているのでディレクターさんから『色っぽくして』と言われました。まあ、すぐにみんなと一緒になると普段のナミになっちゃったんですけれどね(笑)」

 長く同じ役を続け、しかも“変わらない”ということは大きなプレッシャーになるのではないのか。「人間なので変化は絶対にあるのはしょうがない。でも心だけは変わらずナミでいようという意識はあります。自分と一体化してしまっていると感じることも多く、街中でも『ONE PIECE』の話題をしている人がいると耳がダンボになったり、“ナミ”って名前を聞くと反応してしまったりすることはあります」

今作でのナミ - (C) 尾田栄一郎/2019「ワンピース」製作委員会

 自らの一部になっているナミというキャラクター。当然“麦わらの一味”への思いも強い。「『ONE PIECE』に出会えたこと、尾田栄一郎さんと同じ時代に生まれたことがラッキーです。わたしは皆さんのなかでは年下で末っ子みたいな位置づけ。素敵な先輩たちと出会えたことが財産です」と笑顔を見せると「20年間いつもストーリーにワクワクしています」と出演者ながらファン目線で作品を楽しんでいるという。

[PR]

 これまでの作品のなかで印象に残っているシーンについては「アーロンパーク」編でのルフィとのやり取りをあげる。「たくさんあるのですが、やっぱりナミがルフィに『助けて』と言ってルフィが『当たり前だ!!!!!』と返してくれるシーンはたまらないですね。あれからナミは心から笑えるようになる。本当にありがとうという気持ちが沸いてくるシーンでした」

 “麦わらの一味”の戦いはまだまだ続く。どこが彼らの終着点なのだろうか。岡村は「まだ終わりというものはまったく意識したことはなく終わってほしくないという思いがある一方、ルフィを海賊王にしてあげたいし、ナミの世界地図を作る夢も成就させてあげたい」と複雑な胸の内を明かす。それでも「でもいつまでも物語を楽しんでいるファンの一人でいたい」とここでも視聴者としての作品への愛を爆発させていた。(取材・文:磯部正和)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]