横浜流星が料理男子に!「4分間のマリーゴールド」で福士蒼汰の義弟役

楽しみ!末っ子の高校生・藍を演じる横浜流星
楽しみ!末っ子の高校生・藍を演じる横浜流星 - (C) TBS

 福士蒼汰が主演を務める金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」(TBS系、10月~)の新キャストが発表され、横浜流星が福士ふんする主人公の義理の弟である料理好きの高校生を演じることが明らかになった。

横浜流星、壁ドン・あごクイ・お風呂ショットも【写真】

 小学館の新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエの同名コミックを原作とする本作。手を重ねた人の「死の運命」がみえてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)による禁断の恋が描かれる。そんな2人と一つ屋根の下で暮らす花巻家の兄弟役を桐谷健太と横浜が務める。

[PR]

 みことが9歳のとき、親の再婚を機に沙羅とともにみことの義理の兄弟となった2人。横浜が演じる料理好きな末っ子の高校生・藍は、兄弟のなかでも一番クールにみえるが、子どもっぽい一面もあり、とくに実姉の沙羅から可愛がられている。今年1月期のドラマ「初めて恋をした日に読む話」などの話題作に出演している横浜が、本作では家族の食事を作るのが楽しみという“料理男子”に初挑戦。お手製の家庭料理で彩られる花巻家の食卓や、主婦顔負けの料理を振る舞う横浜の調理シーンも見どころとなりそう。

 横浜は「僕が演じる藍は、末っ子の高校生なのですが、すごく大人びているように思います。家族の中では愛情を注がれて育っているのですが、自立しているが故に周囲に馴染めない子で、そのことを家族に話せなかったりもします。そんな思春期ならではの心情を丁寧に演じていければと思います。藍は花巻家の料理担当なのですが、僕自身はチャーハンと親子丼くらいしか作ったことがなくて……。これを機にイチから勉強して、楽しみながらもしっかりと料理シーンを演じたいと思います」とコメントを寄せている。

 また、桐谷が演じる長男・廉は、父親が亡くなり母親も不在がちな花巻家の親代わり的な存在。元ヤンキーで強面だが誰よりも家族思いで、困ったときはいつも寄り添ってくれる頼れる家長という役どころ。総合格闘技が大好きでジムに通っており、家で義弟のみことに技をかけては煙たがられるというお茶目な一面も。桐谷は撮影に向けて格闘技ジムで本格的な指導を受けるなど、役づくりに励んだという。義姉の沙羅が1年後の誕生日に死ぬという誰にも言えない秘密を抱えるみことに、廉と藍がどのように絡んでいくのか、期待が高まる。(編集部・大内啓輔)

[PR]

ドラマ「4分間のマリーゴールド」はTBS系にて10月スタート(毎週金曜よる10時~放送)

桐谷健太 コメント

僕が演じる廉は、花巻家の長男でありながら、家長として兄弟を守っていくという思いを持った強い男です。明るい性分で、見えないところで家族を支えている存在なんだろうなと思います。騒がしいのでバカにされつつも兄弟のことを一番に思っている、そんな廉の懐の深さみたいなものを滲み出していければと思います。廉は格闘技好きなので、役作りのためにジムに通っているのですが、ハマってしまい今では個人的にも通っています。

福士蒼汰くんとは今回初めてお会いしましたが、イメージ通りの好青年で共演が楽しみになりました。菜々緒さんは共演しているCMでは怒られてばかりですが(笑)、それを忘れさせるくらい沙羅の役に入り込んでいるので、今作でどんな姿を見せてくれるのか楽しみです。横浜流星くんは、空気感が可愛いらしいなと思いました。極真空手の世界チャンピオンと聞いて驚きましたが、長男として格闘技では負けられないと思っています(笑)。

このドラマは、家族の人間ドラマをベースに恋愛やファンタジー要素など、様々な見どころがありますので、ぜひ家族そろって観てほしいです。

[PR]

横浜流星 コメント

僕が演じる藍は、末っ子の高校生なのですが、すごく大人びているように思います。家族の中では愛情を注がれて育っているのですが、自立しているが故に周囲に馴染めない子で、そのことを家族に話せなかったりもします。そんな思春期ならではの心情を丁寧に演じていければと思います。藍は花巻家の料理担当なのですが、僕自身はチャーハンと親子丼くらいしか作ったことがなくて……。これを機にイチから勉強して、楽しみながらもしっかりと料理シーンを演じたいと思います。

主演の福士さんは、穏やかな優しい雰囲気で、同性も憧れる素敵な魅力をもっていらっしゃる方だと感じました。これからたくさんコミュニケーションをとっていけたらと思います。菜々緒さんは芯の強い女性という印象がありますが、今作で沙羅という女性をどのように演じられるのか、撮影が始まるのが今から楽しみです。桐谷さんは会った瞬間からフランクに接してくださって、とても優しい方だと感じました。安心感があってユーモアあふれる方なので、“アニキ”として頼りにさせていただきたいです。

このドラマは切ないけどすごく心が温まる作品です。ぜひ楽しみにご覧ください!

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]