高杉真宙&佐野岳「仮面ライダー鎧武」以来の共演、成長した姿を見せたかった

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
「仮面ライダー鎧武」コンビが再び共演!高杉真宙&佐野岳

 俳優の高杉真宙佐野岳が10日、都内で行われた映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』完成披露上映会に来場、「仮面ライダー鎧武/ガイム」以来の共演作となった本作の撮影を振り返り、「お互いに成長した姿を見せたかった」と語りあった。この日は共演者の堀田真由長村航希板垣瑞生芦塚慎太郎監督も来場した。

高杉真宙、佐野岳らの制服姿【写真】

 本作は、江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズを原案にした、少年探偵団初代団長・小林少年のひ孫が主人公の学園ミステリー。主人公が親友や明智小五郎のひ孫、ミステリー同好会の学生らと一緒に謎解きに挑むさまを描き出す。

[PR]

 高杉と佐野は、「仮面ライダー鎧武/ガイム」以来の共演となる。「うれしいですけど、照れくさいですね」と切り出した高杉は、「がっくんが共演だと聞いて。なんかいいところを見せたいなという気持ちがありました。でも現場に行けば流石のがっくんで。アニキという感じで、安心感がありますね」とコメント。

 一方の佐野も「久しぶりに高杉くんに会って。お互いに成長した姿を見せたいと思っていました。(高杉は)顔つきだったり、内面の成長だったり、そういったことを感じられて。刺激的だった。自分も頑張ろうと思いました」と語る。作品に入る前に「人狼ゲーム」をするワークショップが行われたそうで、「高杉くんがいつもと顔が違っていて。結局(高杉が)人狼だったんですけど、嘘をつけない素直な人というか、真宙くんはいい意味で変わっていないとホッコリしました」と笑顔を見せた。

 また、この日は撮影からおよそ2年という時を経て、ようやく完成披露を迎えることとなったが、劇中の衣装である制服を着用したキャスト陣は照れくさそうな様子。高杉が「がっくん、制服はどうですか?」と佐野を茶化してみせると、佐野は客席に向かって「どうですか?」と照れくさそうに問いかけてみせる。

[PR]

 しかし、数百人入る客席の中で「似合っている」という声はほんの数名。そのなんとも言えない雰囲気に「だから嫌だったんだよ」と嘆いてみせた佐野だったが、「今はあれですけど、作品の中ではしっかりと高校生をやっているので、自信を持ってお届けできると思います」と呼びかけた。

 高杉が「撮影中は毎日、学校に行っているのかなと思うくらいワイワイしていた」と語るほどに、和気あいあいとした様子の登壇者たち。そんな彼らを見守っていた芦塚監督は、「皆さんご存知だと思いますが、この映画は2年前に撮影して、1年くらいオフラインの編集をしていたからこんなこと(2年後の公開)になってしまいました。でもだからこそ皆さんに楽しんでもらえる映画になったと思います。撮影が2年前なんで、みんな若い。この時代に2年前の彼らが観られる映画はこれしかないと思うので、そういう意味ではレアな映画。そういうところにも注目していただけたら」と会場にアピールした。(取材・文:壬生智裕)

映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』は10月25日より新宿バルト9、渋谷TOEIほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]