ムロツヨシ「世にも奇妙な物語」初主演 秋の特別編11月9日放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア
ムロツヨシ主演「コールドスリープ」より - (C)フジテレビ

 タモリがストーリーテラーを務めるオムニバスドラマ「世にも奇妙な物語’19秋の特別編」が11月9日に放送決定(フジテレビ系・夜9時~11時10分)。ムロツヨシがシリーズで初主演を務めることが10日、明らかになった。ムロが出演するのは、余命宣告を受けた男が不思議な冬眠療法に臨む「コールドスリープ」。本シリーズでは、2015年11月放送の「世にも奇妙な物語 25周年記念!秋の2週連続SP傑作復活編」に出演しているが、主演は初となる。

 「世にも奇妙な物語’19秋の特別編」は、5本のストーリーで構成。そのうちの一編「コールドスリープ」でムロが演じるのは「ITの風雲児」「未来を創造する男」と称される社長・藤田吾郎。事業で成功をおさめ、幼いころから夢見ていた日本人初の宇宙旅行を実現させようとしていた彼だが、治療法のない病で余命3か月と診断される。数週間後、藤田は最大50年冬眠できて、途中4回まで覚醒する事が出来るという不思議なカプセルに望みを託す。

余命宣告を受けた藤田は、不思議なカプセルでの冬眠療法に臨む

 ムロは昨年、戸田恵梨香と共演した純愛ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」が話題となり、今年はスペシャルドラマ「二つの祖国」、矢口史靖監督のミュージカル映画『ダンスウィズミー』などに出演。先ごろ終了したドラマ「Iターン」では古田新太と主演を務め、新作映画『最高の人生の見つけ方』が10月11日より公開される。

[PR]

 ムロは人気シリーズへの初主演に「24年前に役者という道を選んだのですが、その道を選ぶ前から放送しているシリーズということで、役者を志した頃は目標にする事も出来ませんでした。僕が映像デビューしたのが28歳で、30代でも夢は叶わず、43歳で主演という夢をかなえる事ができました!ありがたいですし、うれしい限りでございます」とコメント。撮影中にハプニングがあったことも明かし、「『コールドスリープ』の機械に頭をぶつけるシーンで、僕が寝る位置を間違えてしまって、下唇を思いっきりぶつけてしまったのですが、そのままOKがでたシーンがあるのでそこも見て頂ければと思います」と呼び掛けている。

 「コールドスリープ」にはムロのほか、長野蒼大落合モトキ柳ゆり菜桜井聖らが出演。同シリーズや、ドラマ「人生が楽しくなる幸せの法則」(2018)などを手掛けた植田泰史が演出を務める。

土曜プレミアム「世にも奇妙な物語’19秋の特別編」は11月9日、夜9時~11時10分、フジテレビ系で放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]