「仮面ライダージオウ」押田岳、肉体美を写真集で披露!半年前からジム通い

「仮面ライダージオウ」の明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ役で知られる押田岳

 「仮面ライダージオウ」などで知られる俳優の押田岳が、19日に都内で開催された「押田岳ファースト写真集 岳歩 -がくふ-」の発売記念イベントに出席、写真集では鍛え上げた肉体美も披露しており、照れながらも「半年前からジムに通って鍛えたりしたので、その成果を見せられて嬉しい」と語った。

押田岳、肉体美あらわなカットも!【イベント写真】

 写真集の撮影は、押田が「とても行きたかった」という香港でオールロケで行われた。「香港や中国の文化に興味があったので、いつか行きたいって常に思っていたんです。行先を決めるときに妹に相談したら、写真が好きな子なんで、香港が撮りやすいよって教えてくれました」と香港での撮影に決めた経緯を説明。香港は現在不安定な情勢が続いているが、「僕が行った時は大丈夫でした。人も優しいしキレイな街でした。今大変なことになっていますけど、次に行ったときにはまた僕が行った時のように戻っていてほしい」とコメントした。

[PR]

 さらには、真夏の香港で撮ったエネルギッシュな表情も多数収められている。押田は「初めて上を脱いで撮ったんです。そのために半年前からジムに通って鍛えたりしたので、その成果を見せられて嬉しい」と照れくさそうに紹介。「もともと恥ずかしがり屋。撮っている時はスタッフさんもやりやすいようにしてくれて、素を出せるようにしてくださった」とスタッフへの感謝の気持ちを語った。

 そんな写真集の点数を問われると、「割と僕の今まで撮ってきた中では完成度高いと思います。80点くらい。残り20点は期待も込めて、伸びしろがあるという意味で」と満足気。「『ジオウ』の仲間には見せましたか?」と聞かれると、「まだ誰にも見せられていないんです。次会う時に見せたい。実は僕も今日初めて見たので」と返し、「きっと岳君っぽいって言ってくれると思います」と笑顔を見せた。

 また、「仮面ライダージオウ」への出演で自身も成長できたと振り返る押田は、「撮影に関してしっかり現場に入ったのは初めてでした。人との接し方なども勉強させてもらいました。僕は時代物が好きなので、今後はサムライの役をやってみたい。石田三成を演じてみたい」と今後の目標も明かすと、「アクションは今後もやっていきたい」と嬉しそうに話していた。(取材・文:名鹿祥史)

「押田岳ファースト写真集 岳歩 -がくふ-」は発売中(本体3,000円+税)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]