「シャイニング」続編映画、あのホテルを忠実に再現!監督も圧倒される

大人になったダニーは惨劇の現場へと舞い戻る…『ドクター・スリープ』 - (C) 2019 Warner Bros. Ent. All Right Reserved

 作家スティーヴン・キングの小説「シャイニング」の続編を基にした映画『ドクター・スリープ』を手がけた若手監督のマイク・フラナガン。現在ハリウッドで注目を浴びるキング原作の映画化にして、スタンリー・キューブリックの傑作『シャイニング』(1980)の世界も踏襲したという、まさに映画監督にとって夢ともいえるプロジェクトへの挑戦について語った。 

【動画】双子の姉妹も…『ドクター・スリープ』日本版本予告

 「シャイニング」の惨劇を生き延びた少年ダニーが、40年後に不可解な児童連続失踪事件に巻き込まれ、かつてすごした恐怖のホテルに舞い戻る。ダニーを演じるのは名優ユアン・マクレガー。そのキャスティングの理由が興味深い。「ダニー役の候補者に会って『ドクター・スリープ』の話をしていると、どうしてもすぐ、映画の『シャイニング』に話がそれてしまう。それは避けられないことだけど、ユアンだけは違っていた。最初の数分だけ『シャイニング』について話して、1時間後にはダニーについて話し合っていた。彼の興味は常にダニーに向けられていたんだ。キャラクターに対してそこまでフォーカスできることは素晴らしいよ。ダニーこそ、この映画のハートだからね」。

[PR]

 また本作では、『シャイニング』の舞台となったオーバールック・ホテルのセットをキューブリックの注釈入り設計図をもとに再現。キャスト・スタッフ全員にとって、そのセットでの撮影は特別な体験だったと言う。「キューブリックのおかげで、あのホテルは、僕らのイマジネーションの中に完全な形で存在している。セットに足を踏み入れると、2つの段階を経験することになったんだ。まず多くの人は子供のころ以来、映画を観ていなかったりするから、教会にいるみたいに静かになって、何かに触れるのさえこわがる。自分の記憶や夢の中に足を踏み入れたみたいにね。とても奇妙な感じがして圧倒される。でもそうした畏怖の念が薄れてくると、今度は子供のようにクスクス笑い始めて、その空間を走り回るんだ」。

 本作のスタッフは、実際に大人用の三輪車まで作ってしまったといい、その日の撮影が終わると、順番を争って『シャイニング』のダニーのように何時間も乗り回していたという。

 キューブリックが多くのテイクを重ねるのは有名な話だが、フラナガンは極めて少ないテイクでどんどん撮影を進めた。「キューブリックは、役者は壊されるべきだと確信していた。何度も何度もテイクを重ねることによって(役者の)準備や思い込みを取り除き、予測できない何かを得られると考えていたんだ。僕はそのアプローチを尊敬しているけど、同時に綿密な準備や、オープンな俳優とのコミュニケーションを信じている。それにキューブリックには1年以上のスケジュールあったが、僕らのスタイルはインディペンデント映画のもの。時間がないし、お金もないから、1テイクの価値を最大限のものにしないといけないんだよ」

[PR]

 キューブリックの『シャイニング』に不満を持つことで知られるキングを説得し、その続編小説をキューブリックの映画の世界観で創造するという離れ業をやってのけたフラナガン。子供の頃から熱狂的なファンだったキング本人と、キューブリックのエステート(相続財産管理団体)に完成版を観てもうらう機会があり、気に入ってもらえたという。「映画全体にイースターエッグがたくさん仕込まれているよ。キューブリックファンだけではなく、世界中のキングファンのためにもね」ということでますます楽しみ。ファン必見の作品となりそうだ。(取材・文:吉川優子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]