『スター・ウォーズ』実写ドラマ新映像!どう猛なクリーチャーが登場

壮大な世界観!(画像はYouTube「ザ・マンダロリアン(原題)」新予告編のスクリーンショット)
壮大な世界観!(画像はYouTube「ザ・マンダロリアン(原題)」新予告編のスクリーンショット)

 現地時間28日、映画『スター・ウォーズ』の実写ドラマシリーズ「ザ・マンダロリアン(原題) / The Mandalorian」の新予告編が、Star Wars 公式YouTubeチャンネルで公開された。映像には、賞金稼ぎとして裏社会に生きる主人公をはじめとする主要キャラクターに加えて、雄々しいツノを持つどう猛なクリーチャーも登場する。

どう猛なクリーチャー登場!「ザ・マンダロリアン(原題)」新映像【動画】

 米ディズニーが11月12日より開始する動画配信サービス「Disney+」で配信される本作。『スター・ウォーズ/ジェダイの帰還』(1983)から5年後の世界を舞台に、一匹狼の賞金稼ぎ「マンダロリアン」(ペドロ・パスカル)の物語が展開する。

[PR]

 新たな予告編には、主人公マンダロリアンがどう猛なクリーチャーと対峙する姿や、スピーダー・バイクを使って広大な砂漠を移動するシーンなどが収められており、一筋縄ではいかない過酷な冒険を予感させる。映像後半では、賞金稼ぎの元締めグリーフ・カルガ(カール・ウェザース)、女性戦士カーラ・デューン(ジーナ・カラーノ)、ドロイドのIG-11(声:タイカ・ワイティティ)といった主要キャラクターが次々と登場する。

 製作総指揮は、『アイアンマン』『ライオン・キング』などを監督したジョン・ファブローと『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』のデイヴ・フィローニ。ドラマの各エピソード監督には、タイカ・ワイティティのほか、女優のブライス・ダラス・ハワードや『DOPE/ドープ!!』のリック・ファムイーワ、オビ=ワン・ケノービのドラマシリーズの監督に就任したデボラ・チョウといった豪華な顔ぶれがそろった。(編集部・倉本拓弥)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]