横浜流星、主演ドラマに熱い意気込み!完全オリジナル作品に期待も

横浜流星、いつ見てもクール&カッコイイ!
横浜流星、いつ見てもクール&カッコイイ! - (C) 日本テレビ

 俳優の横浜流星が、2020年1月12日スタートの日本テレビ系ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(毎週日曜22時30分~23時25分)の撮影現場で囲み取材に応じ、作品への熱い思いを語った。

横浜流星、新ドラマでもイケメン!【写真】

 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダ(清野菜名)と、彼女を操る男・飼育員さん(横浜)が、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)からの依頼を受け、巷にあふれる悪質なセクハラ・パワハラ、組織の不正に権力者への忖度など噂になりつつも、真相がグレーゾーンなできごとのシロクロを大胆に暴く姿を描く。横浜は本作が、ゴールデン・プライムタイムでの連続ドラマ初主演となる。

[PR]

 横浜にとって「あなたの番です-反撃編-」に続いての日本テレビ日曜ドラマ枠。「こんなに早くまた戻ってこられると思っていなかった」と笑顔を見せると「この枠はすごく挑戦的なドラマが多い。今回も完全オリジナル作品で、台本を読んでいても、先が読めなく、なにが起こるかわからない」と期待をあおる。

 横浜演じる森島直輝は、大学で精神医学を学ぶメンタリストとしてテレビ出演するなど、卓越した記憶力・観察力・洞察力・推理力を持った青年という一面を持つが「『あなたの番です』の二階堂も、ただの理系男子かと思っていたら、アクションが入ってくるなど予想ができない面がありました。森島も、非常に多面的なキャラクターなので、自分自身もどう成長していくのか楽しみたい」と撮影を心待ちにしていた。

03
清野菜名と横浜流星 - (C) 日本テレビ

 バディを組む清野とは初共演。この取材日が「初めましてでした」と語ると「テレビで見ていた印象通り、すごく明るい方で、これから一緒に芝居するのが楽しみです」と思いを馳せる。さらに見どころについては「やっぱり清野さんのアクションです」と即答すると「アクロバティックな部分は、身軽で僕より動けると思っているので、どんなアクションを見せてくれるのかワクワクしています」と目を輝かせる。

[PR]

 横浜自身も高い身体能力を持っており、二人のアクションシーンにも期待が集まるが「あくまで僕は(清野演じる)ミスパンダの飼育員として操る役なので……」と控え目に言いつつも「なにが起こるかわかりませんからね」と“オリジナル脚本”ならではの展開にも期待しているようだった。

 「SNSの普及によって、いろいろな噂が出回るようになり、なにが真実かわからない時代。だからこそ共感できると思います」と作品の持つテーマ性に注目しているという横浜。自身も「白黒つけたいタイプ」と話しているように、かなりの気合が感じられる。「『あなたの番です』もそうでしたが、放送後、いろいろ考察できるドラマだと思っているので、SNSなどでも盛り上がっていってくれれば嬉しい」と期待を口にしていた。(磯部正和)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]