阿部寛「結婚できない男」との出会いは人生の転機!続編に込める思い

「桑野を愛してもらったことが自信につながった」阿部寛
「桑野を愛してもらったことが自信につながった」阿部寛

 カンテレ・フジテレビ系ドラマ「まだ結婚できない男」(毎週火曜・午後9時~)で主演を務める阿部寛が、佳境を迎えた後半戦の展開に言及しながら、自身にとっても「大事な作品」というドラマへの思いを語った。

【比較画像】変わらない!13年前の桑野信介

 仕事はできるが偏屈で独善的で皮肉屋の建築家・桑野信介(阿部)の独身生活をコメディータッチでつづる本作。2006年に放送された「結婚できない男」の続編としてスタートし、ドラマは後半に突入。53歳になっても独身だった桑野の生活には、弁護士のまどか(吉田羊)をはじめとする、新たな女性たちとの出会いで、新たな変化が訪れている。

[PR]

 変化といっても、独特のたたずまいやセリフの間といった桑野の演技は13年前のまま。その再現ぶりには、第1話の時点で視聴者から驚きの声も上がっていたが、阿部は「正直に言うと、だいぶ忘れていたんですよ。セリフを言っているうちにだんだん、やりながら思い出していきました」と苦笑い。それだけに、ファンからの反応について「ファンの皆さんは、僕なんかよりも遥かに繊細に(前作を)見てくれている」と語る。

 前作が放送されていた2006年、桑野が独身生活を満喫する姿は、当時の未婚に対するイメージを一変させた。そして桑野の存在は、現在もファンの心に残り続けている。阿部にとっても、桑野との出会いは「人生の転機」になったという。「そのころを振り返ってみると、自分は俳優としてまだ確立してないというか、いろんな役ができていないなっていう思いがあったんです。そんななかで『結婚できない男』に出会って、いろんな方から桑野を愛してもらったことが自信につながった。僕にとっても、本当に大事な作品です」

 続編まで13年かかったのも、そこに理由がありそうだ。「お話は何度か出ていたんですけど、1~2年後ぐらいだと客観視ができないんですよ。視聴者の皆さんと同じ目線で見るためには、忘れるのに時間がかかるんですよね。だから、今回のお話があって前作を見直してみて、覚えていないのがすごく新鮮で。今だったら新しいものができるかなって思ったんです」

[PR]

 現在では世の中の未婚化・晩婚化が進み、ライフスタイルも多様化。第1話のクライマックスでは、桑野の「人生100年時代」を生きることに対する、前向きな演説も話題になった。「当時は『結婚できない男』っていう存在がある意味珍しいということで企画が立ち上がりましたが、今は社会現象になるくらい、していない人も多い。珍しいことではなくなったんですよね。『結婚できない』ではなく、しないという人も、もちろんいるでしょうし。『まだ』をつけてほしくないっていう意見に、なるほどなと思うこともあります。このドラマをきっかけに、世の中にはいろんな個性の人がいて、自分たちと違っているからといって否定せず、それぞれの個性を認め合えるような、そんな寛容な社会になってもらえれば、と願っています」

 ドラマは後半に突入し、桑野がどうなるのかも楽しみなところ。見どころについて阿部は「恋の行方ですかね……」と笑顔。「恋が始まってるってわけではないのですが、今回は全10話で、かなりジェットコースター的。一番手はまどかさんなんだろうけど、もしかしたら違うかもしれない。ハッピーエンドじゃない場合だってあるわけですよ。皆さんは望まないだろうけど(笑)。英治だったり、たくさんの人間ドラマがあってホロリとくるところもありますから、ぜひ楽しみにしていただきたいですね」(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]