綾野剛、『影裏』ワールドプレミアで流ちょうな中国語 海南島国際映画祭で黄色い歓声

『影裏』ワールドプレミアにて綾野剛
『影裏』ワールドプレミアにて綾野剛

 綾野剛主演映画『影裏』(2020年2月14日公開)のワールドプレミアが8日、第2回海南島国際映画祭(中国)で行われ、主演の綾野をはじめ共演の松田龍平大友啓史監督が上映後の舞台あいさつに登壇。中国映画『破陣子』で主演を務めた綾野は流ちょうな中国語を披露して喝采を浴びた。

【動画】『影裏』予告編

 本作は、沼田真佑の芥川賞受賞作品を映画化したドラマ。見知らぬ土地に移り住んだ主人公・今野(綾野)が、突然姿を消した同僚で友人の日浅(松田)行方を追ううちに、彼の意外な顔を知っていくさまをミステリー仕立てで描き出す。大友監督が生まれ育った故郷の岩手県・盛岡でメガホンをとった作品で、海南島国際映画祭で今年から新設されたコンペティション部門に選出された。

[PR]

 一言求められると、綾野は「皆さん、こんにちは。愛しています。お元気ですか? 中国の友達はガンツと呼んでください」と流ちょうな中国語を披露して場内は大盛り上がり。松田も「愛しています」と続け、「海南島国際映画祭にお招きいただきとても光栄です。この映画祭の雰囲気にとてもワクワクしています」と来中の喜びを語った。

海南島国際映画祭
いい笑顔!

 大友監督は、司会者からこれまで撮ってきた『るろうに剣心』や『3月のライオン』などのエンタメ作品とは一線を画す作品であることを指摘されると、「もともと本当はこういう作品をやりたかったというのはあります。それと、背景に8年前に日本で起きた震災があります。映画の舞台がその時に被災した僕の故郷の岩手で、その事実も大きいですね。8年経っても見つからない人がいますから。そういう方の痕跡をいまだに探し求めている方の切実な思いがある。今野と日浅という2人の男の関係を通して、そういう出来事も含め友情やさまざまな感情をまっすぐ描けると思いました。それが国境を伝えて皆さんに伝わるといいなと思っています」と真摯に訴えた。

[PR]

 司会者は、日本で人気が高い俳優である綾野と松田が共演したことで「大きな化学反応が起きている」と興奮気味に話しながら、撮影中の印象的なエピソードを尋ねると綾野は「まずはとても楽しかったです。彼との時間はとてもいとおしかったです」と述懐。「とてもかわいらしく、チャーミング。ロンピン(龍平)はかわいい」とユーモアたっぷりに評すると、松田は少し照れくさそうにしながら「この2人は秘密を持っていて、それを皆さんに観てもらう。そういう物語なのでほとんどのシーンが2人でしたし、楽しかったです」と綾野と長きにわたって過ごした時間をかみしめた。

海南島国際映画祭
観客からの質疑応答では続々女性たちの挙手が!

 終盤には観客からの質疑応答コーナーへ。途中、質問者の女性のマイクがオフになっていることに気付いた綾野が駆け寄り、スイッチを入れる気配りを見せ、女性たちが黄色い歓声を上げる一幕も。中には今野と日浅の関係を掘り下げる質問もあり、松田は「なかなか難しい質問で、男同士の友情というものは答えがないといいますか、果てしない感情だと思うんです」と慎重に言葉を選びながら答える。一方、綾野は「僕は去年の年末から今年の頭にかけて中国で映画の撮影をしていましたが、そこにいたすべての男性スタッフを愛していますし、そういう感覚と近いような気はしています。愛というのは異性のために存在するものではなく、誰かのために存在するものなのかなと思います」と持論を述べた。

 また、話題が「ラストの解釈」に及ぶと、大友監督は「それは観客の判断に委ねたいです。この映画を通してメッセージを押し付けたいわけではなく、自由に感じてもらいたい。この映画は観客が補完することによって完成する映画。そういう作品を作りたかった」と力を込めた。(取材・文:編集部 石井百合子)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]