清野菜名、新ドラマは動物的なアクションに注目!

清野菜名
清野菜名 - (C) 日本テレビ

 女優の清野菜名が、横浜流星と共にダブル主演を務める新ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」(日本テレビ系・2020年1月12日スタート)の囲み取材に応じ、世の中のグレーゾーンにシロクロつける謎のミスパンダと、囲碁カフェで働く大人しいレンという二面性を持つ役を担う上での意気込みや、アクションシーンについて語った。

【写真】新ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」より

 本作は、驚異的な身体能力を持つ謎の女ミスパンダ(清野)と、表向きは医学生でメンタリストNとしてテレビにも出演しているが、裏ではミスパンダを操る飼育員(横浜)がタッグを組み、世の中にはびこる忖度や圧力によって闇に隠されてしまったグレーな事件を暴き出していく姿を、完全オリジナル脚本で描く。

[PR]

 台本を読んだ清野は「ミスパンダは自由奔放で、レンはすごく大人しいというまったく正反対の顔を持つキャラクター。その落差をしっかり演じ切りたい」と意気込みを語ると、“驚異的な身体能力を持つ”という設定については「これまでいろいろな作品でアクションをやらせてもらいましたが、今回のテーマは動物的なアクション」とテーマを述べる。

03
清野菜名と横浜流星 - (C) 日本テレビ

 さらに清野は「ミスパンダという役では、野性的な部分を出したい。いままでやったことがないようなダイナミックでアクロバティックなアクションを魅せたい。アメコミみたいな派手さも備えたキャラクターなので、スパイダーマンなどの路線も意識したい」と意欲を見せる。

 ミスパンダの飼育員となるのが、横浜演じる森島直輝。横浜とは初共演となる清野は「この作品でご一緒すると決まってから、横浜さんと過去にお仕事をしたことがある人から『すごくいい子だよ』という話をよく聞いていました」と語ると「普段は初めてお会いする方だと『どんな人なんだろう』と緊張してしまうのですが、横浜さんとは会うのがすごく楽しみでした」と期待に胸を膨らませていたという。

[PR]

 実際対面すると、評判通りの好青年だったようで「すごく優しく、本当に飼育員さんのような感じがしました」と絶賛する。さらに横浜の身体能力にも触れると「切れのある蹴りや回転などをほかの作品で観ていました。台本はまだ途中までなので、全貌はわかりませんが、できることなら男女で、いままで観たことがないようなバディアクションができたら」と思いを馳せていた。

 同枠のドラマは、大きな話題となった「今日から俺は!!」以来の出演となる清野。「すごく反響の大きな枠なので、またこの場所に帰ってこられて嬉しい」と破顔すると「原作がない作品なので、感情一つ一つをしっかりスタッフさんやキャストの方々と確認しながら丁寧に作っていきたいです」と意気込む。

06
清野菜名 - (C) 日本テレビ

 2020年は本作でスタートを切ることになる清野は「頭おかしいって言われるかもしれませんが」と前置きすると「野球が好きなので、女子プロ野球選手を目指したい」と仰天目標を掲げると「それはプライベートとしての目標ですが、女優としては、海外でお仕事するのが夢なので、英語をしっかり勉強して、なんでもいいので海外の作品に出てみたい。この作品のアクションが目に留まってくれたらいいですね」と野望を明かした。(磯部正和)

ドラマ「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は日本テレビ系にて2020年1月12日より毎週日曜22時30分~23時25分放送

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]