ゴールデン・グローブ賞テレビ部門ノミネーション!「ザ・クラウン」含む3作品が最多

写真はNetflixドラマ「ザ・クラウン」より
写真はNetflixドラマ「ザ・クラウン」より - Netflix / Photofest / ゲッティ イメージズ

 現地時間9日、第77回ゴールデン・グローブ賞のノミネーションが発表され、テレビドラマ部門では「ザ・クラウン」「アンビリーバブル たった1つの真実」「チェルノブイリ」 が最多となる4ノミネートを獲得した。

4部門でノミネーションを獲得した「チェルノブイリ」

 Netflix作品の「ザ・クラウン」は、作品賞(ドラマシリーズ)のほか、女優賞、男優賞、助演女優賞の4部門でノミネート。同じくNetflixの「アンビリーバブル たった1つの真実」は、作品賞(テレビ映画・ミニシリーズ)助演女優賞、女優賞(ケイトリン・デヴァーメリット・ウェヴァー)の3部門4ノミネートとなった。

[PR]

 また、HBOの「チェルノブイリ」は、作品賞(テレビ映画・ミニシリーズ)、男優賞、助演女優賞、助演男優賞の4部門でノミネーションを獲得。今年完結を迎えた「ゲーム・オブ・スローンズ」は男優賞のみのノミネートとなった。

 授賞式は来年1月5日(現地時間)にアメリカ・ロサンゼルスで行われる。(編集部・倉本拓弥)

テレビドラマ部門のノミネートは以下の通り。
■作品賞(ドラマシリーズ)
「ビッグ・リトル・ライズ」
「ザ・クラウン」
「キリング・イヴ/Killing Eve」
「ザ・モーニングショー」
「キング・オブ・メディア」

■女優賞(ドラマシリーズ)
ジェニファー・アニストン 「ザ・モーニングショー」
オリヴィア・コールマン 「ザ・クラウン」
ジョディ・カマー 「キリング・イヴ/Killing Eve」
ニコール・キッドマン 「ビッグ・リトル・ライズ」
リース・ウィザースプーン 「ザ・モーニングショー」

■男優賞(ドラマシリーズ)
ブライアン・コックス 「キング・オブ・メディア」
キット・ハリントン 「ゲーム・オブ・スローンズ」
ラミ・マレック 「MR. ROBOT/ミスター・ロボット」
トビアス・メンジーズ 「ザ・クラウン」
ビリー・ポーター 「POSE ポーズ」

■作品賞(コメディー/ミュージカルシリーズ)
「バリー」
「Fleabag フリーバッグ」
「コミンスキー・メソッド」
「マーベラス・ミセス・メイゼル」
「ザ・ポリティシャン」

[PR]

■女優賞(コメディー/ミュージカルシリーズ)
クリスティナ・アップルゲイト 「デッド・トゥ・ミー ~さようならの裏に~」
レイチェル・ブロズナハン 「マーベラス・ミセス・メイゼル」
キルステン・ダンスト 「オン・ビカミング・ア・ゴッド・イン・セントラル・フロリダ(原題) / On Becoming a God in Central Florida」
ナターシャ・リオン 「ロシアン・ドール:謎のタイムループ」
フィービー・ウォーラー=ブリッジ 「Fleabag フリーバッグ」

■男優賞(コメディー/ミュージカルシリーズ)
マイケル・ダグラス 「コミンスキー・メソッド」
ビル・ヘイダー 「バリー」
ベン・プラット 「ザ・ポリティシャン 」
ポール・ラッド 「僕と生きる人生」
ラミー・ユセフ 「ラミー(原題) / Ramy」

■作品賞(テレビ映画・ミニシリーズ)
「キャッチ-22(原題) / Catch-22」
「チェルノブイリ」
「フォッシー/ヴァードン(原題) / Fosse/Verdon」
「ザ・ラウデスト・ヴォイス(原題) / The Loudest Voice」
「アンビリーバブル たった1つの真実」

[PR]

■女優賞(テレビ映画・ミニシリーズ)
ケイトリン・デヴァー 「アンビリーバブル たった1つの真実」
ジョーイ・キング 「ジ・アクト(原題) / The Act」
ヘレン・ミレン 「キャサリン・ザ・グレイト(原題) / Catherine the Great」
メリット・ウェヴァー 「アンビリーバブル たった1つの真実」
ミシェル・ウィリアムズ 「フォッシー/ヴァードン(原題) / Fosse/Verdon」

■男優賞(テレビ映画・ミニシリーズ)
クリストファー・アボット 「キャッチ-22(原題) / Catch-22」
サシャ・バロン・コーエン 「ザ・スパイ -エリ・コーエン-」
ラッセル・クロウ 「ザ・ラウデスト・ヴォイス(原題) / The Loudest Voice」
ジャレッド・ハリス 「チェルノブイリ」
サム・ロックウェル 「フォッシー/ヴァードン(原題) / Fosse/Verdon」

■助演女優賞(テレビシリーズ・ミニシリーズ・テレビ映画)
パトリシア・アークエット 「ジ・アクト(原題) / The Act」
ヘレナ・ボナム・カーター 「ザ・クラウン」
トニ・コレット 「アンビリーバブル たった1つの真実」
メリル・ストリープ 「ビッグ・リトル・ライズ」
エミリー・ワトソン 「チェルノブイリ」

■助演男優賞(テレビシリーズ・ミニシリーズ・テレビ映画)
アラン・アーキン 「コミンスキー・メソッド」
キーラン・カルキン 「キング・オブ・メディア」
アンドリュー・スコット 「Fleabag フリーバッグ」
ステラン・スカルスガルド 「チェルノブイリ」
ヘンリー・ウィンクラー 「バリー」

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]