「スカーレット」喜美子が陶芸家として頭角を現す…12週目に突入!

八郎と喜美子、何かあった…?
八郎と喜美子、何かあった…? - 提供:NHK

 NHK連続テレビ小説「スカーレット」(月~土、総合・午前8時~ほか)が12月16日から12週目を迎える(以下、今後のあらすじに触れています)。

喜美子と八郎、二人の未来はいかに…?【画像】

 連続テレビ小説101作目となる「スカーレット」は、ヒロインの喜美子(戸田恵梨香)が焼き物の里として知られる滋賀・信楽で陶芸に打ち込む姿を描く物語。12月16日からは第12週「幸せへの大きな一歩」に突入する。

[PR]

 昭和35年の正月、八郎(松下洸平)のいる商品開発室へ通っている喜美子。陶芸を学び始めたばかりだが、八郎が大野(マギー)から頼まれた珈琲茶碗づくりを手伝いたい喜美子は、集中力を発揮してつくり上げて八郎を驚かせる。しかし、商品としていくつもつくるのは、並大抵のことではなかった。

 陶芸展の発表が近づくと、父の常治(北村一輝)は喜美子と八郎のために、こっそり家の増築をする。八郎がめでたく新人賞を受賞し、いよいよ結婚の準備が始まる。喜美子は八郎の姉のいつ子(しゅはまはるみ)と対面し、弟への思いを聞いて気持ちを新たにする。

 みんなで写真を撮ろうとしていると、ひろ恵(紺野まひる)という女性から喜美子に珈琲茶碗の大量注文が飛び込んでくる。喜美子を指名しての陶芸の仕事の依頼は、初めてのことだったが……。

 Superflyによる主題歌「フレア」も好評な「スカーレット」。第11週では、思いを強くする二人と、その関係に猛反対する常治の姿などが描かれた。(編集部・大内啓輔)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]