『スター・ウォーズ』完結編、結末自体がサプライズ!最初の脚本から二転三転

一体どんな結末なの!?
一体どんな結末なの!? - (C) 2019 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(12月20日公開)の主要キャストであるジョン・ボイエガ(フィン役)、オスカー・アイザック(ポー・ダメロン役)、アンソニー・ダニエルズ(C-3PO役)が来日時にインタビューに応じ、まもなく公開を迎えるシリーズ完結編の裏話を語った。

完結編ではレイ出生の秘密も明らかに?『スカイウォーカーの夜明け』記者会見【動画】

 『スター・ウォーズ/新たなる希望』(1977)から、42年にわたり語られてきたスカイウォーカー家の物語の結末を描く本作。メガホンを取ったJ・J・エイブラムス監督は秘密主義で知られるだけあって、公開数日前にもかかわらず、ストーリーすらも一切明かされていない。

[PR]

 謎のベールに包まれた本作には、出演者でさえも驚かされることがあったという。オスカーは「『スカイウォーカーの夜明け』の結末自体がサプライズです。脚本を読んだ時ももちろん驚きの連続だったのですが……」と切り出すと、撮影現場でも脚本に何度も変更が加えられたと明かした。「撮影では違う展開も撮っていたので、撮影現場で展開を決めたのか、編集段階で手が加えられたのかわかりません。最初の脚本から二転三転して、当初とは違う展開になって、どちらもサプライズでした」

フィン&ポー
プライベートでも超仲良し!ジョン・ボイエガ&オスカー・アイザック

 また、物語の結末だけでなく、キャラクター個人の物語にもサプライズ要素があるという。ジョンは「実はフィンに関することで(サプライズ要素は)あるのですが、今は言えません」とコメント。サプライズに該当する部分は、もともと脚本にはなかった部分だったそうで「これに関しては、J・J・エイブラムス監督と何度も話し合って、いくつかパターンを考えました」と補足した。

 また、シリーズ9作全てに出演しているアンソニーは、『スカイウォーカーの夜明け』では疾走感あふれる展開が待ち受けていると告白。「今回は、冒頭からスピード感ある展開が待っていますよ。しっかりと準備をしていた方が良いです。特に、最初の20分で圧倒されると思います」と期待をあおった。(取材・文:編集部・倉本拓弥)

『スター・ウォーズ』完結編 “レイ”出生の秘密明らかに? 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』来日記者会見 » 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]