綾瀬はるか「ぎぼむす」撮影に緊張

スペシャル、楽しみ! - 綾瀬はるか
スペシャル、楽しみ! - 綾瀬はるか

 女優の綾瀬はるかが21日、都内で行われた、ドラマ「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」制作発表会見に出席。約1年ぶりとなる「ぎぼむす」の撮影で緊張したことを明かした。この日は、竹野内豊佐藤健上白石萌歌井之脇海も来場した。

【動画】綾瀬はるかレトロ衣装がかわいい『今夜、ロマンス劇場で』予告編

 本作は、桜沢鈴による4コマ漫画に基づき、綾瀬演じるキャリアウーマンの亜希子(綾瀬)が、血のつながらない娘・みゆき(上白石)の母になるべく奮闘する10年を描いて感動を呼んだ連続ドラマの続編。1年後、ある赤ちゃんをめぐって巻き起こる騒動を描く。

[PR]

 綾瀬は「大好きなドラマだったので、こうして帰ってくることができたのは、視聴者のみなさんが愛してくれた作品だからだな……ととてもうれしく思っています」とにっこり。

 約1年ぶりの撮影については「久しぶりにスーツを着て、ハイヒールでツカツカと歩くシーンを撮った時に、亜希子さんは機敏なので、普段ゆったり歩いている自分からすると緊張感がありました」とコメント。重ねて「亜希子さんはカチッとキチッっとしているので、頭の先から足の先まで緊張感があります」と歩くシーン以外でも苦労があったことをうかがわせた。

ぎぼむす
共演の竹野内豊と綾瀬

 そんな綾瀬について共演の竹野内は「モニターで亜希子さんを見ていたら、細かな仕草一つにしても完全に亜希子さんなんですよね。すごいなと思いながら見ていました」と綾瀬の役への入り込みに感心していた。

 赤ちゃんをあやすことも一苦労だったが、再集結した撮影は楽しかったようで、会見も和気あいあいと進み、笑みをこぼす一同。綾瀬は「1年の始まりに、愛にあふれ、日々の何気ない日常の中から、小さな幸せをたくさん見つけられるドラマです。みなさんに元気とか勇気を与えられるお役に立てたらいいな」と期待すると、「お茶の間で笑いながら、たまにホロッとしながら、こたつで観ていただきたいと思います」とアピールした。(取材:錦怜那)

「義母と娘のブルース 2020年謹賀新年スペシャル」は2020年1月2日夜9時~TBS系で放送

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]