藤井美菜、チャン・グンソク、オダギリジョーら共演 キム・ギドク監督の衝撃作3月公開

キービジュアル
キービジュアル - (c) 2018 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

 韓国の鬼才、キム・ギドク監督が藤井美菜、チャン・グンソクオダギリジョーら日韓のキャストと組んだ映画『人間の時間』(原題/Human, Space, Time and Human)が2020年3月よりシネマート新宿を皮切りに全国で順次公開されることが決定した。ギドク監督は2017年から2018年にかけて複数の女優からセクハラで告発され、製作国の韓国ではお蔵入りに。日本が世界初の劇場公開となり、R18+作品として上映される。

【写真】日本の人気漫画が原作 チャン・グンソク主演の2011年の映画

 本作は、さまざまな年齢と職業の人間を乗せた軍艦を舞台にしたファンタジー。軍艦が異次元に辿り着いたことから、乗客たちが欲望をむき出しにし、サバイバルを繰り広げるさまが描かれる。主人公のイヴに、日台合作映画『おもてなし』や韓国ドラマ「ドクター探偵」など、海外でも活躍中の藤井美菜。その恋人役にギドク監督の2008年の映画『悲夢(ヒム)』で主演を務めたオダギリジョー。韓国人キャストとして現在兵役中のチャン・グンソクがアダム、デビュー63周年となる韓国の国民的俳優アン・ソンギが謎の老人にふんするほか、イ・ソンジェリュ・スンボムソン・ギユンらが出演している。

[PR]

 第68回ベルリン国際映画祭でパノラマ・スペシャル部門招待作品としてプレミア上映された際には賛否両論が巻き起こり、日本では今年3月に行われた「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2019」のオープニング作品として上映された。(編集部・石井百合子)

映画『人間の時間』は2020年3月よりシネマート新宿ほか全国順次公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]