『スター・ウォーズ』完結編、本国で賛否のワケを分析

まずは観ないとはじまらない 大ヒット中の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』
まずは観ないとはじまらない 大ヒット中の『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』 - (C) 2019 and TM Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の本国アメリカにおける評論家たちの評価は賛否両論となった。現在、アメリカの映画批評家サイト Rotten Tomatoes でも、評論家から55%の満足度を獲得(観客の支持は86%/12月27日時点)。どんな部分が批判されているのか、各メディアの映画評を比べると、共通する要素が浮かび上がってきた。

【動画】感動的…『スター・ウォーズ』42年の歴史が凝縮した特別映像

 絶賛派と批判派も、本作の特徴として、シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスのオリジナル作の要素を引き継いでいること、いわゆる旧三部作から登場している人気キャラクターの活躍を挙げていることが多い。ただこの特徴を素晴らしいリスペクトと見るか、ノスタルジーに寄りすぎていると見るかで、評価がまったく逆になってしまっているようだ。ちなみに、多くの批評がカイロ・レン役のアダム・ドライヴァーの演技を絶賛しているのもほぼ共通している。

[PR]

 立場としては、中立と捉えられるBBCのニコラス・バーバー氏は「ルーカスのイマジネーションをもう一度新たにリスペクトさせてくれる」とたたえる一方で「この映画は才能ある人々によって愛情を込めて作られているが、彼らにできたのは、ルーカスが数十年前に描いたものを称賛することだけだった」とチクリと指摘したりもしている。

 そして、賛辞と批判を比べると、批判意見の方がインパクトのある言葉を使う傾向がある。The Hollywood Reporter のトッド・マッカーシー氏は「ルーカスの宇宙神話の核にある物語を、次の世代に受け渡す作品」とたたえているが、EW.comのダレン・フラニック氏は「ノスタルジック・フェスティバル」と本作を表現しつつ「映画のフォース・ゴースト版」「最終作でも続編でもリブート作でもリミックスでもなく、ゾンビだ」と強い言葉で締めくくるなど酷評している。これでは酷評の方が印象に残ってしまいそうだ。

 もうひとつ、全米での評価を見るときに思い出しておきたいのは、エピソード8にあたる前作『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』が、アメリカでは批評家筋に評価されたことだ。『スカイウォーカーの夜明け』に対するアメリカの反響は、前回の評価の影響も大きいだろう。再び Rotten Tomatoes の満足度を見ると、『最後のジェダイ』は批評家から91%、観客から43%の支持を得ている(12月27日時点)。批評家の多くは、従来のシリーズの枠にとらわれない物語を絶賛したが、多くのファンは、ルークやジェダイの描き方などを酷評したのだ。

[PR]

 まず、『最後のジェダイ』を評価した評論家たちは、『スカイウォーカーの夜明け』が従来のパターンに戻ったことを批判する傾向があるようだ。例えば Los Angeles Times のジャスティン・チャン氏は、ファンに拒絶されたものの「『最後のジェダイ』には、シリーズの神話に対する新鮮で不遜なアプローチと、マーク・ハミルのキャリア最高の演技があった」と評しながら「今回は感情面もテーマ面も、安全圏に戻っている」と批判する。

 そして、前作の評価を意識してファンの嗜好に沿うように作られた映画なのではないかという批判もあるのだ。Vanity Fair のリチャード・ローソン氏は本作を、大手スタジオがファンの反応にどのように対処するのかがわかる、興味深い一例という趣旨の意見を挙げている。とはいえ、長くファンたちに愛されてきたシリーズの新作が、ファンたちの意見をまったく無視するのもおかしく思える。

 これだけ熱い賛否両論が巻き起こるのも、このシリーズが大勢のファンに愛されている証拠だともいえる。すでに観客の支持は86%を得ているので賛否の勝敗はほぼ出ていると言ってもいいが、これが興行成績にどう影響してくるかなど、まだまだ『スカイウォーカーの夜明け』から目が離せない。(平沢薫)

» 動画の詳細
  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]