山田涼介、故ジャニー氏から言われた衝撃的な一言

舞台あいさつを行った山田涼介
舞台あいさつを行った山田涼介

 Hey! Say! JUMP山田涼介が18日、都内で行われた映画『記憶屋 あなたを忘れない』公開記念舞台あいさつに芳根京子佐々木蔵之介蓮佛美沙子平川雄一朗監督と出席し、映画にちなんで忘れられない“記憶”を振り返った。

【画像】笑顔がかわいすぎ!舞台あいさつでの山田涼介

 「第22回日本ホラー小説大賞」読者賞を受賞した織守きょうやの小説を映画化した本作。恋人・杏子(蓮佛)から自分の記憶がなくなってしまった遼一(山田)が、人の記憶を消せるという都市伝説的な“記憶屋”の存在を知り、大学の先輩で弁護士の高原(佐々木)、幼なじみの真希(芳根)らに支えられながら、杏子が記憶を失った原因を探っていく姿を描く。登壇した山田は「製作が決まった時から考えるとすごく長い時間をかけて皆さまに観ていただけるということなので、今はうれしい気持ちが強いです」と感謝した。

[PR]

 映画にちなんで忘れられない記憶を紹介するコーナーでは、ジュニア時代に故・ジャニー喜多川氏から「ユーの事嫌いだよ」と言われたエピソードを紹介。その理由は実は山田とは関係ないことだったというが、「なるほどなと思いながら、きっともう(ジャニーズには)残れないだろうと思いました」と覚悟したのだという。「でも、そのまま何やかんやで続けることができ、滝沢(秀明)君の舞台でソロで踊らせていただく機会があった時、公演後、楽屋にジャニーさんが走ってきて僕のことを抱きしめて『ユー最高だよ!』と言ったんです。この人わけ分からないなと思ったけど、これがジャニーさんなんだなと。その時々を生きているんだなと思いました」と懐かしんでいた。

 舞台あいさつの後半では、平川監督からサプライズでキャストへ向けて手紙が読み上げられる場面も。熱の入った撮影現場やそれに応えたキャストへの感謝の気持ちが平川監督から語られ、山田は「僕ももちろんそうですけど、芳根さんは本当に大変なお芝居をしている中で監督が何度もテイクを重ね、それに負けじとより良いお芝居をと繰り返す姿勢にすごく感動しました」と回顧。

 これに芳根は「撮影を振り返ると正直つらかったです。でも、そのつらさがあるから今ちょっとの自信を持ってここに立てているのだと思います。監督が求めてくださることが、負けず嫌いなわたしとしては『監督に芳根で良かった』と思われたいと思いましたし、つらかったけどすごく感謝しております」と晴れやかな表情で語った。

[PR]

 さらに、座長を務めた山田へ芳根は「本当に中心に立つべき方だと何度も思いましたし、いろいろな記事を読ませていただいて、とても現場を見てくださっていたのだと撮影が終わってから気付きました」と尊敬のまなざし。「撮影中にこんなにわたしの中身を見てくれていたのだとうれしい気持ちになる記事をたくさん読ませていただいて、今まであまり面と向かってお礼を言う機会がなかったんですけど、本当にありがとうございました。ご一緒できて良かったです」と感謝の気持ちを述べていた。(取材・文:中村好伸)

映画『記憶屋 あなたを忘れない』は公開中

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]