ADVERTISEMENT

中井貴一&佐々木蔵之介、嘘八百続編に「まさか」

続編製作にビックリ!佐々木蔵之介、中井貴一
続編製作にビックリ!佐々木蔵之介、中井貴一

 中井貴一佐々木蔵之介がダブル主演を務める映画『嘘八百 京町ロワイヤル』の完成披露舞台あいさつが20日に都内で行われ、「まさかの続編制作」に対する思いを語った。この日は広末涼子友近森川葵山田裕貴竜雷太加藤雅也も来場した。

広末涼子の美麗ドレス姿【イベント写真】

 さえない古物商と陶芸家コンビが幻の茶器をめぐってだまし合いを繰り広げる映画『嘘八百』の続編となる本作は、着物美人にほだされた二人が、幻の茶器にまつわる人助けに乗り出すさまを描き出す。

ADVERTISEMENT

 今回の続編について「まさか1作目が終わった時に続編ができるなどとは考えもしなかった。1作目は16日で一本の映画を作りましたから。ものすごく寒かったですし、日々苦しい思いしかなかった」とぶちまけた中井は、「それが皆さまのおかげで2作目ができて。とてもうれしかったんですが、また苦しい思いをするのか、という気持ちがなかったと言えば嘘になります。そして今回もやはり苦しい思いをしました。でも本当に今、こうやって完成して、皆さまの前に立つことができて良かったなと痛感しております」としみじみ。

 一方、「貴一さんと一緒で。まさかでした」と驚きを隠せない様子の佐々木も、「朝、暗いうちから夜暗くなるまで撮影して。寒いし狭いし、お弁当のご飯は凍っているし。それでもなんとか公開できたなと思ったら、続編と言っていただいて。映画で続編があるなんてそうあることではないんですが、またあの日が来るのかと。でも、前よりはちょっと豪華になりますよと言われて。そうしたら撮影日数が4日増えました。変わらずまた大変だった。喜劇として面白いんですが、僕たちはギリギリの緊張感の中で作りました。そういうもんだと思っております」とボヤくことしきりだった。

ADVERTISEMENT

 また、有名古美術店の主人役の加藤が、「今回、『嘘八百』の第2弾ということで。これを寅さんのように連続で作りたいと言われました。僕らがうまく第2弾を成功させたら、第3弾ができるということです。これはお客さんに観ていただいてということなのでプレッシャーですが、なんとか第三走にバトンを渡せたら」と語るも、中井はさらなる続編の構想を聞かされていなかったよう。「初めて聞きました」と驚くことしきりで、その様子に会場も大いに沸いた。

 そんな大盛り上がりの舞台あいさつもいよいよ終盤。「先ほど加藤くんから思わぬ話を聞いて。我々も知らなかったんですけど、すべてはお客さまにかかっております」と観客にアピールした中井は「実は僕もまだ観ていません。皆さんの方が先にご覧になるわけです。それはどういう責任を負うかわかりますね。なるべく良いことを伝えてください。もし、ちょっといまいちだったなと思う方がいらっしゃったら今日観たことを忘れてください」とコメント。

 すかさず佐々木が「『記憶にございません!』とね」と中井が主演した大ヒット映画にかけて合いの手を入れると、会場は拍手の大喝采。中井も「そう。『記憶にございません!』と。でも、もし面白いと思っていただき、多くの人に伝えていただければまた皆さまにお会いできる機会があるかもしれません。よろしくお願いします」と会場に呼びかけた。(取材・文:壬生智裕)

映画『嘘八百 京町ロワイヤル』は1月31日より全国公開

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

ADVERTISEMENT