タイムレンジャー・永井大「リュウソウジャー」で20年ぶりスーパー戦隊シリーズ出演!

20年ぶりに戦隊出演! 永井大(中央)と「リュウソウジャー」キャスト
20年ぶりに戦隊出演! 永井大(中央)と「リュウソウジャー」キャスト

 俳優の永井大が、1月26日放送の「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(テレビ朝日系・毎週日曜午前9:30~10:00)第43話にゲスト出演することが明らかになった。レッド役を務めた「未来戦隊タイムレンジャー」(2000~2001)以来のスーパー戦隊シリーズ出演となり「20年ぶりに、僕の原点ともいえるスーパー戦隊シリーズに再び参加させていただくことができ、非常にうれしく思っております。特別な思いを込めて参加させていただいたので、その思いが視聴者の皆さまにも届くといいなと思っております」と語っている。

【画像】次なる戦隊は魔進戦隊キラメイジャー!

 「騎士竜戦隊リュウソウジャー」は、悪の種族・ドルイドンから地球を守るため、古代人類リュウソウ族の若き戦士たちがリュウソウジャーとなって戦う特撮ドラマ。永井は、リュウソウブラック/バンバ(岸田タツヤ)の師匠であるリュウソウ族の戦士・マスターブラック役で出演する。

[PR]

 かつて「タイムレンジャー」でタイムレッド/浅見竜也を演じ「役者としての基本をたくさん教わった場所なのでとても特別な作品です」という永井。20年ぶりのスーパー戦隊シリーズ出演に「長年続くスーパー戦隊にレッド役で一年間レギュラー出演できるという大きな喜びを感じたことを思い出しました。そして、そこから20年も経つんだなと感慨深かったですし、20年目という節目の年に再び出演させていただくということで、身の引き締まる思いでした」とオファーを振り返る。

画像テキスト
レッド同士で握手!

 現場には当時のスタッフも数多く残っており、思い出話に花が咲いたという永井。撮影ではアクションシーンにも挑戦し、「久しぶりに劇中でも宙返りをやりました。20年ぶりにトランポリンの練習をして、宙返りして剣もかわしました。40歳を過ぎても、まだできるなって思えたことがうれしかったです」と余裕を見せる。

 2017年に誕生した息子もスーパー戦隊を見始めており、「“パパ=タイムレンジャー”という認識もできているので、何かというと『タイムレンジャー』って言うんです。将来は『ヒーローになる』と意気込んでいて、でんぐり返しも60回くらいできますし、高いところから飛ぶのも好きですね」と笑顔。「リュウソウジャー」への出演も報告済みで「メンバーと一緒に撮った写真を息子に見せたら、目をまん丸にして『うおー!』って驚いていて、その無邪気な表情が印象深かったですね。一緒に遊ぶときは、息子がレッドなんですよ。『パパはグリーンね』って言われるんですけど、僕はレッドをやってきたので、なんかちょっと……複雑で(笑)」と父親の顔ものぞかせた。(編集部・入倉功一)

  • mixiチェック
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ツイート
  • シェア

楽天市場

[PR]